aws

【AWS】CodeCommitの使い方解説【リポジトリ作成からpushまで】

こんにちは、フルスタックエンジニアのryuです。

今回の記事では、AWSのCodeCommitの使い方を解説します。CodecCommitとは、AWSにあるバージョン管理システムです。CodeCommitのリポジトリ作成からコードをpushするまでの手順を詳しく解説します。

CodeCommitの使い方解説

CodeCommitの使い方が良く分からない・・・

今回の記事では、AwsのCodeCommitの使い方を詳しく解説します。

CodeCommitのとは、Gitと同じようなバージョン管理システムです。リポジトリの作成からソースコードのpushまでの手順を詳しく解説します。

CodecCommitでリポジトリの作成

まず、最初の手順はCodecommitでリポジトリの作成をおこないます。

AWSの管理コンソールにログインして、Codecommitと検索しましょう。そして、Codecommitの設定画面に行きます。

そして、ソースの「リポジトリ」を選択すると下記の画面に移動します。

CodeCommitを始める

画面右上の「リポジトリを作成」をクリックします。

CodeCommitでリポジトリの作成

次にリポジトリの名前や説明を入力します。完了したら、「作成」をクリックしましょう。

リポジトリの詳細入力

リポジトリが正常に作成されると「成功」のメッセージが表示されます。

リポジトリの作成成功

次にリポジトリにアクセスするための権限の設定を行います。これはGitHubと違う部分なので注意が必要です。

リポジトリにアクセスするためにIAMで権限設定

次にIAMで権限の設定を行います。

IAMとはAWSのアクセス管理の設定を行う場所です。IAMのコンソール画面へ進んでください。

IAMでユーザーがいない方は作成してください。

CodeCommitのアクセス権限

ユーザー作成を行う際、ポリシーの設定があるので、「AWSCodeCommitPowerUser」を選択しましょう。

AWSCodeCommitPowerUserを追加

既に作成したユーザーにポリシーを割り当てる場合は、画面左の「ポリシー」から「AWSCodeCommitPowerUser」を選択してアクセス権限をアタッチしましょう。

ポリシーのアタッチ

権限を割り当てたら、そのユーザーをクリックして、「認証情報」タブに進みます。

CodeCommitの認証情報を作成

その下の方に「AWS CodeCommit の HTTPS Git 認証情報」という項目があるので、「認証情報を生成」をクリックします。

AWS CodeCommit の HTTPS Git 認証情報

この時表示されたユーザー名とパスワードを覚えておきましょう。これでAWSでの設定は完了です。次にGitコマンドを使用してソースコードを作成したリポジトリにpushしましょう。

CodeCommitへソースコードをpushする

ここからは、CodeCommitへソースコードをpushする方法です。Gitと同じ方法なので、Gitを知っている方にとっては簡単な内容かもしれません。

Gitのインストール

まず、Gitコマンドを使用するためにGitをインストールしましょう。こちらのサイトからインストールすることが可能です。

Git – Downloads (git-scm.com)

gitのダウンロードが完了したら、コマンドが使えるか確認してみましょう。

git version

バージョンが正しく表示できたら、Gitコマンドが正常に使えるはずです。

AWSのCodeCommitを登録

では、GitにAWSのCodeCommitのURLを登録して、作成したリポジトリにpushできるようにします。

ソースコードがあるディレクトリに移動して、下記コマンドを入力します。

git init  //gitの使用が初めての場合
git remote add origin [URL]

URLはCodeCommitの「URLのクローン」からコピーしてください。HTTPSのクローンです。

ソースコードをpushしてみる

では、最後にリポジトリにpushしてみましょう。

git add .
git commit -m "first commit"
git push --set-upstream origin master

“git push”コマンドを使用すると下記のようなメッセージが表示されます。

「GitCredential Manager for Window Enter your credentials for https://git-codecommit.us-east-1.amazonaws.com/」というメッセージが表示されたら、先ほど作成したAWS CodeCommit の HTTPS Git 認証情報を入力します。

これでpushが完了です!

【AWS】CodeCommitの使い方まとめ

今回の記事では、AWSのCodeCommitの使い方を解説しました。

今回の記事の詳細はこちらのドキュメントを参考にしています。

AWSのその他の記事は、こちらから見ることができます。

AWS入門講座一覧

また、Gitの使い方やAWSのその他の機能を学びたい方は、Udemyの講座がオススメです。

AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイト試験突破講座 – 初心者向け20時間完全コース-

またこちらの参考書も分かりやすいのでオススメです。

ABOUT ME
ryu
大手メーカのIT部門でインフラエンジニアやってます。 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、クラウドについて投稿します。 AI、ARも勉強中です! youtubeでも技術ネタを発信していきます。↓のアイコンよりご覧ください!