Linux

fstabの書き方は?Linuxでファイルをマウントする方法を解説【fstabとmountコマンド】

こんにちは、フルスタックエンジニアのryuです。

今回の記事では、fstabの書き方について解説します。fstabファイルとは、Linuxのファイルシステムをマウントするためにファイルの設定が書かれているファイルです。fstabを使用して、ファイルをマウントする方法を詳しく解説します。mountコマンドを使ってfstabのマウント状況も確認しましょう。

fstabの書き方は?

fstabはどうやって設定するの?

今回の記事では、fstabの書き方について解説します。fstabとは、Linuxでファイルシステムをマウントするための設定ファイルです。fstabにファイルの情報を記述して、ファイルをマウントしてみましょう。

fstabを編集してファイルをマウントする

では、早速fstabを編集してみましょう。fstabは/etc/fstabファイルを編集します。

vi /etc/fstab

ファイルを開いたら、以下のように設定しましょう。

/dev/sda1       /mnt      ext3    defaults       1        2 

ファイルの設定が完了したら、mountコマンドを実行してファイルをマウントさせます。

mount -a

“-a”オプションを使用することで、/etc/fstabに記述されているファイルを全てマウントします。

fstabの書き方の詳細

先ほど、/etc/fstabに以下のように記述しました。それぞれの設定がどのような意味を持つのかを詳しく解説します。

/dev/sda1       /mnt      ext3    defaults       1        2 
[①]               [②]         [③]    [④]            [⑤]    [⑥]

それぞれの設定値の説明は以下の通りです。

デバイスファイル名デバイスファイル名もしうはLABEL、UUIDを指定
マウントポイントファイルシステムのマウント先のディレクトリ
ファイルシステムの種類ファイルシステムの種類を指定
マウントオプションマウントする際のオプションを指定します
dumpフラグ1であればdumpコマンドによるバックアップの対象になる。etx2/3は1を指定し、その他は0を指定
fsckがチェックlinuxが起動時にfsckがチェックする順序を指定

各項目の意味を理解して、どのようにマウントされるのかを知っておきましょう!

マウントの状況を確認してみよう

最後にfstabでマウントが成功したかどうかを確認してみましょう。マウントの状況を確認するためには、mountコマンドを使用します。

mount

mountコマンドを使用すると、マウントの状況が表示されます。

fstabの状況

ファイルの権限やマウントのオプションなども確認することができます。

fstab書き方まとめ

今回の記事では、fstabの書き方について解説しました。fstabには、以下のように設定しました。

/dev/sda1       /mnt      ext3    defaults       1        2 

fstabの書き方や各設定値の意味をしっかりと覚えておきましょう!

このようなインフラエンジニアに必要な知識を当ブログでは、紹介しているので興味のある方は是非ご覧ください。

さらにlinuxについて勉強したい方はこちらの参考書がオススメです。

About me
大手メーカのIT部門→上場ベンチャーでインフラエンジニアやってます。エンジニア歴は8年目。 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、クラウドについて投稿します。 AI、ARも勉強中です! youtubeでも技術ネタを発信していきます。↓のアイコンよりご覧ください!