aws

【AWS】IAMユーザーの作成方法解説!【IAMユーザーを作ってログインする】

こんにちは、フルスタックエンジニアのryuです。

今回の記事では、AWSのIAMでユーザー作成の方法を解説します。IAMでユーザーを作成してAWSのコンソールにログインしてみましょう。作成方法は、IAMコンソールからユーザーを選択して、作成をクリックします。作成方法を具体的に解説します。

【AWS】IAMユーザーの作成方法解説!

IAMユーザーの作成方法がわかない・・・

今回の記事では、AWSのIAMユーザーの作成方法を解説します。

IAMとは、IAMはIdentity and Access Managementの略で、直訳すると「IDおよびアクセス管理」という意味です。AWSの権限管理を行うサービスのことです。

今回は、AWSの権限管理を行うために、IAMユーザーの作成方法を解説します。IAMユーザーを作成することで、「このユーザーはこのサービスのみ設定できる」といった、権限管理を行うことができます。

IAMの概要については、こちらの記事で解説しているので、IAMが良く分からない方はこちらをご覧ください。

【AWS】IAMとは?IAMの概要や機能を分かりやすく解説!【初心者向け】

では、早速IAMユーザーの作成方法を解説します。

IAMユーザーをIAMコンソールから作成する

IAMユーザーを作成するためには、IAMのコンソールに移動します。

検索で「IAM」と検索し、IAMをクリックします。

IAMコンソール

IAMのコンソールに移動したら、画面左側の「ユーザー」をクリックします。

IAMユーザーの設置画面

そして、画面上部の「ユーザーを追加」ボタンをクリックしましょう。

IAMユーザーの追加

IAMユーザーの名前の設定

ユーザーの追加をクリックしたら、ユーザーの情報を入力していきます。

まず、IAMユーザーの名前を設定します。

複数のユーザーを作成する場合は、「別のユーザーの追加」をクリックすると入力項目が増えるので、そこに名前を追加します。

次に、アクセスの種類の選択です。詳しくは後ほど説明しますが、

今回は下記のように設定します。

IAMアクセスの種類

設定が完了したら、画面下の「次のステップ:アクセス権限」をクリックします。

アクセス権限の設定

IAMユーザーに権限を付与する

次はIAMユーザーに権限を付与する設定です。

IAMユーザーに権限を付与することで、作成したIAMユーザーがどのような操作ができるのかを決めることができます。

今回はポリシーの細かい設定は省略します。すでに作成されている既存のポリシーから、「AdministratorAccess」を選択します。

IAMユーザーにアクセス権限付与

ポリシーにチェックをつけたら、画面下部の「次のステップ:タグ」をクリックしましょう。残りの設定はデフォルトのままで大丈夫なので、ユーザー作成の確認画面まで進めます。

IAMユーザーの確認

最後に「ユーザーの作成」をクリックして完了です!

IAMユーザーでAWSコンソールにログインしてみる

ユーザー作成が完了したら、下記のような画面に移動します。ここには、ログインするときのURLやパスワードが記載されております。

IAMユーザーのログイン情報

では、IAMユーザーでログインする手順を確認してみましょう。

IAMユーザーのログイン画面に移動する

IAMユーザーにログインするには、ログイン用URLにアクセスします。今回作成したユーザーの場合は、こちらです。

このURLにアクセスすると、ログイン画面が表示されます。

AWSコンソールにログイン

既にアカウントIDが入力されているので、「ユーザー名」と「パスワード」を入力してAWSコンソールにログインできるか確認してみましょう。

初回ログイン時はパスワードの変更が必要なので、パスワードを変更したらログインすることができます。

IAMユーザーのアクセスの種類について

先ほどのユーザー作成の際にあった、アクセスの種類の選択について解説します。アクセスの種類は下記の2種類があります。

  • プログラムによるアクセス
  • AWS マネジメントコンソールへのアクセス

まず、プログラムによるアクセスですが、これは、AWS API、CLI、SDK などの開発ツールで使用するときに使います。つまり、プログラムやコマンドでAWSのリソースを操作するときに使用します。

プログラムによるアクセスにチェックを入れると、アクセスIDとシークレットキーが発行されます。これをプログラムに埋め込んで、AWSのリソースを操作します。

AWS マネジメントコンソールへのアクセスは、ルートユーザー同様、AWSのコンソール画面へログインする場合にチェックします。AWSをコンソール画面で操作したい場合にチェックを付けます。

IAMユーザー作成方法まとめ

今回の記事では、IAMユーザーの作成方法を解説しました。

IAMユーザーの作成方法は、まとめると以下の通り。

  • IAMコンソールに移動
  • ユーザーの追加
  • ユーザーの設定
  • ユーザーに権限付与
  • ログイン確認

IAMユーザーはAWSを作成したら、まず最初に設定する項目なのでぜひ覚えておきましょう!

さらにAWSについて学びたいという方は、こちらの講座がオススメです。初心者の方向けにAWSについて幅広く学ぶことが可能です。

AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイト試験突破講座 – 初心者向け20時間完全コース-

こちらの参考書もオススメです。

ABOUT ME
ryu
大手メーカのIT部門でインフラエンジニアやってます。 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、クラウドについて投稿します。 AI、ARも勉強中です! youtubeでも技術ネタを発信していきます。↓のアイコンよりご覧ください!