aws

【AWS】CloudWatchで請求アラームを有効にする方法解説!【コスト管理をしよう】

こんにちは、フルスタックエンジニアのryuです。

今回の記事では、CloudWatchを使用して請求アラームを有効にする方法を解説します。請求アラームを有効にすることで、AWSのコスト超過を未然に防止することができます。AWSは従量課金で使用した分課金されるため、請求アラームの設定を行い、コスト管理をしっかりと行いましょう。

CloudWatchで請求アラームを有効にする方法解説

AWSで予想以上に課金されてしまった・・・

今回の記事では、CloudWatchで請求アラームを有効にする方法を解説します。AWSで予想以上に課金されないためにも請求アラームの設定を行いましょう。

設定手順は以下の通りです。

  • 請求アラームを有効にする
  • CloudWatchでアラームを作成する
  • アラートの条件を指定する
  • アラートの送り先を指定する

では、詳しく解説します。

請求アラームを有効にする

まず、請求アラームを有効にします。設定は「Billing and Cost Management 」内のコンソールで行います。設定は管理者権限が必要なので、ルートユーザーでログインしましょう。

コンソールのURLはこちらです。

https://console.aws.amazon.com/billing/

ログインするとこのような画面に移動します。

Billing and Cost Managementのコンソール画面

コンソール画面の左下の「請求設定」をクリックします。

請求設定

その中の「請求アラートを受け取る」にチェックを付けて、「設定の保存」をクリックしましょう。

請求アラートを受け取る

これは、アラームを有効にしただけで、どのような条件の時にどこにアラームを出すのかはCloudWatchで設定します。

CloudWatchで請求アラームの条件を設定

先ほどまではコスト管理の画面で請求アラームの有効を設定しました。ここからは、CloudWatchで請求アラームの条件を設定していきます。

CloudWatchのでアラームの作成

では、CloudWatchの設定を行います。以下のURLより、CloudWatchのコンソール画面に移動します。

https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/home?region=us-east-1

請求のデータは 米国東部(バージニア北部)に保存されるので、リージョンはバージニア北部に変更しましょう。

請求データーのリージョン

では、CloudWatchでアラームの作成を行います。画面左より「アラーム」をクリックます。

CloudWatchのアラーム

そして、「アラームの作成」をクリックします。

アラームの作成

アラームの条件を設定する

次にアラームの条件など詳細な設定を行います。まず、「メトリクスの選択」をクリックします。

メトリクスの選択

メトリクス内から「請求」をクリックして、「概算合計請求額」を選択し、表示された項目にチェックを付けます。完了したら「メトリクスの選択」をクリックします。

メトリクス内の請求
メトリクスの請求にチェック

そして、アラームの条件を設定する画面に移動するので、自分の環境に合わせてアラームを出す条件を指定します。いくら使用したらアラームを出すのか指定しましょう。

アラームの条件

アラームを通知するメールアドレスの設定

次の画面に移動すると、アラートを飛ばすメールアドレス先を指定することができます。

SNSトピックの選択では、「新しいトピック」の作成を選択して、通知先にアラートを送るメールアドレスを指定しましょう。

アラームの通知先

メールアドレスの入力が完了したら「トピックの作成」をクリックしましょう。そうすと、SNSが作成されます。

最後にアラームの名前を設定して完了です!

アラーム名の設定

これで、CloudWatchで請求アラームを有効にすることができました!お疲れ様でした。

CloudWatchで請求アラームを有効にする方法まとめ

今回の記事では、CloudWatchで請求アラームを有効にする方法を解説しました。まとめると以下のようになります。

  • 請求アラームを有効にする
  • CloudWatchでアラームを作成する
  • アラートの条件を指定する
  • アラートの送り先を指定する

請求アラームはコスト管理の基礎なので、覚えておきましょう。

当ブログでは、AWSやAzureなどクラウド技術やインフラ技術を解説しています!興味のある方は是非ご覧ください。

さらにAWSについて学びたいという方は、こちらの講座がオススメです。初心者の方向けにAWSについて幅広く学ぶことが可能です。

AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイト試験突破講座 – 初心者向け20時間完全コース-

こちらの参考書もオススメです。

About me
大手メーカのIT部門→上場ベンチャーでフルスタックエンジニアやってます。エンジニア歴は8年目。 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、クラウドについて投稿します。 AI、ARも勉強中です! youtubeでも技術ネタを発信していきます。↓のアイコンよりご覧ください!

UdemyでIT講座をチェック!

  • セールだと1500円前後!
  • 無料サンプル講義動画・無料講義動画あり!
  • 気に入らなければ30日間返金保証!