aws

【AWS】RDSの概要や作成方法を解説!AWSにデータベースを作成してみよう

こんにちは、フルスタックエンジニアのryuです。

今回の記事では、AWSのRDSの作成方法について解説します。RDSとは、リレーショナルデータベースサービスの略で、AWS上でデータベースを作成するサービスです。RDSでは、MysqlやPostgreSQLなどのデータベースエンジンを使うことができます。

【AWS】RDSの概要や作成方法を解説!

AWSでどうやってDBを作成するの?

今回の記事では、RDSの作成方法を解説します。AWS上でデータベースを構築する際に、簡単に設定できるサービスになります。

RDSの特徴から作成方法まで、RDSについて詳しく解説します。記事の内容は、以下の通りです。

  • RDSとは?
  • RDSのメリット
  • RDSを作成する

RDSとは?

まず、RDSについて概要を解説します。

RDSとは、AWS上でリレーショナルデータベースを構築するサービスです。

AWSでデーターベースを構築する際は、RDSを使って構築することをオススメします。EC2などに直接mysqlなどをインストールしても、データーベースを構築することができます。しかし、RDSを使うことでさまざまなメリットがあります。

RDSのメリット

RDSを利用するメリットは以下の通りです。

  • 管理が楽
  • 可用性、耐久性が高い
  • コストが安い
  • 高セキュリティ

このような様々なメリットがあります。また、mysqlなど良く使うデーターベースエンジンを選択することができます。データベースの使用方法は変わることが無いので、学習コストもありません。

このように、AWSでデータベースを利用する場合は、RDSを使ったほうが良いです!

RDSの概要についての詳細はこちらをご覧ください。

https://aws.amazon.com/jp/rds/

RDSを作成してみよう

先ほどまではRDS概要について解説しました。ここからはRDSの作成方法について解説します。AWSのコンソール画面に移動しましょう。

データーベースの作成

では、早速RDSの作成を行います。AWSのコンソールより、「RDS」と検索し、RDSのコンソール画面に移動します。

画面左側の「データベース」を選択します。

そして、「データベースの作成」をクリックします。

データーベースの設定

次に、データベースを作成する際の設定です。データベースの作成方法は「簡単作成」を選択します。ベストプラクティスの設定が使用されるからです。

エンジンタイプは「Amazon Aurora」を選択します。そして、エディションは「Amazon Aurora with MySQL compatibility」を選択します。

AmazonAuroraを使用することで、コストを抑えることが可能です。エディションでMySQLを選択することで、Mysqlと同じ使用方法でデータベースを扱うことができます。

インスタンスサイズや、管理者のユーザー名などは自分の環境に合わせて設定して下さい。今回はデフォルトのままです。

最後に「データベースの作成」をクリックして完了です。

データベースが作成されると、自動生成したパスワードが表示されるので必ずメモしておきましょう。

RDSの作成方法まとめ

今回の記事では、RDSの作成方法について解説しました。まとめると以下のようになります。

  • RDSとは、AWSでデータベースを作成するサービス
  • RDSは安価で高可用性などのメリットあり
  • RDSは簡単に作成

RDSはWebアプリを作成する際に、簡単にデータベースが構築できるので是非利用してください。

当ブログでは、AWSやAzureなどクラウド技術やインフラ技術を解説しています!興味のある方は是非ご覧ください。

さらにAWSについて学びたいという方は、こちらの講座がオススメです。初心者の方向けにAWSについて幅広く学ぶことが可能です。

AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイト試験突破講座 – 初心者向け20時間完全コース-

こちらの参考書もオススメです。

About me
大手メーカのIT部門→上場ベンチャーでフルスタックエンジニアやってます。エンジニア歴は8年目。 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、クラウドについて投稿します。 AI、ARも勉強中です! youtubeでも技術ネタを発信していきます。↓のアイコンよりご覧ください!

UdemyでIT講座をチェック!

  • セールだと1500円前後!
  • 無料サンプル講義動画・無料講義動画あり!
  • 気に入らなければ30日間返金保証!