Linux

【Linux】インターフェースの情報を確認する方法【IPアドレスやインターフェース名を調べる】

こんにちは、フルスタックエンジニアのryuです。

今回の記事では、インターフェースの情報を確認する方法について解説します。インターフェースの情報を確認するためには、”ifconfig”コマンドもしくは”ip“コマンドを使用します。コマンドを使用すると、インターフェースに設定された、IPアドレスやインターフェース名を調べることができます。

【Linux】インターフェースの情報を確認する方法

まず、ifconfigとipコマンドの使い方について解説します。

ifconfigコマンドの使い方

インターフェースの情報を確認するためには、ifconfigコマンドを使用します。以下のように入力しましょう。

ifconfig

コマンドを入力すると、このようにインターフェースの情報を表示します。

ifconfigの表示結果

“ifconfig”コマンドはデフォルトで使えない場合があるので、その際は”ip”コマンドを使うようにしましょう。もしくは、以下のコマンドでインストールすると”ifconfig”コマンドが使えるようになります。

apt-get install net-tools

インストール方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

【linux】IPアドレスを確認する方法は?【ifconfigが使えない場合の対処方法解説】

ipコマンドの使い方

次に”ip”コマンドを使って、インターフェース情報を表示させます。

ip address

コマンドを入力すると、以下のように表示されます。

ifconfigコマンドよりも表示されている情報は少ないですが、インターフェースに設定されたIPアドレスなどが分かります。

ifconfigコマンドのオプション

インターフェースの詳細の情報を見る場合は、ifconfigコマンドを使用しましょう。ifconfigコマンドには様々なオプションがあるので、いくつか紹介します。

特定のインターフェースを見る場合

特定のインターフェースの情報を見る場合は、以下のように入力します。

ifconfig [インターフェース名]

例
ifconfig eth0

コマンドを入力すると、eth0のインターフェースだけの情報のみが表示されます。

インターフェースの全ての情報を見る

インターフェースの全ての情報を見る場合は”-a”オプションを付けます。

ifconfig -a

この場合、インターフェースが多く表示されてしまうので注意しましょう。

インターフェースの通信状況を見る

インターフェースの通信状況を見る場合は”-s”オプションを使用します。

ifconfig -s

コマンドを入力すると、各インターフェースの通信状況が確認できます。

インターフェースを確認する方法まとめ

今回の記事では、Linuxでインターフェースの情報確認する方法を解説しました。

インターフェースの確認はlinuxの初歩中の初歩なので、しっかりと覚えておきましょう!

以上で解説を終わります。当ブログではインフラに関連した内容を発信しているので興味のある方は是非ご覧ください。

About me
大手メーカのIT部門→上場ベンチャーでフルスタックエンジニアやってます。エンジニア歴は8年目。 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、クラウドについて投稿します。 AI、ARも勉強中です! youtubeでも技術ネタを発信していきます。↓のアイコンよりご覧ください!
年収をアップさせたいエンジニア必見!

レバテックキャリアは、高い専門性を持つアドバイザーが5000件以上のハイクラス求人の中から理想の求人をご提案します。年収600万円以上のハイクラス求人が多数!!!

PayPay、Sansan、SmartHR、ディー・エヌ・エー、LINE、freee、アクセンチュア、PwC、デロイトトーマツ、NTTデータ、SCSK、IIJなど大手IT企業からWeb系企業、スタートアップまでを幅広く網羅

キャリアップしたい方、年収をアップさせたい方などにおすすめです。

ハイクラス求人を見てみる

RELATED POST