Linux

【Linux】初心者のためのメールサーバー解説①~postfixの構築~

こんにちは、インフラエンジニアのryuです。

今回の記事では、初心者の方でもわかるようにメールサーバーをについて解説していきます。Linuxの”postfix”というパッケージを使って、メールの送信サーバーの構築を行います。メールの送受信を行うためには、送信サーバと受信サーバーをの2種類を構築する必要がありますが、今回は送信サーバーのpostfixについて解説していきます。

postfixとは?初心者に分かりやすく解説!

postfixとはメールの送信サーバーを構築するためにインストールするソフトのことです。まず、メールサーバーを構築したことない初心者の方は、送信サーバーってなに?と思うはずです。メールを送受信するためには、メールを送信するサーバーと受信するサーバーの2種類構築する必要があります。イメージにするとこんな↓感じです。

postfixについて解説

postfixはメールを受け取り、サーバーに保存する動作をします。受信サーバは、サーバーに保存されたメールを取り出し、PCに表示する動きをします。

postfixは送信サーバーなのにメールを受け取るの?という疑問もあると思いますが、サーバーを構築していくと動作を理解できるようになります。

postfixの構築方法

では、postfixの構築方法を解説していきます。手順は簡単です。インストールをすれば、初期設定はほとんど完了します。今回の記事では、動作させるところまでなので、それ以外の設定については解説しません。それでは、Linuxを起動させ、早速インストールしましょう。

手順1.postfixのインストール

まず、postfixをインストールします。

今回は、Debianをつかって構築を行います。以下のコマンドを入力してインストールしましょう。

sudo apt-get install postfix

インストールを開始すると、以下のような画面が表示されます。

postfixインストール画面1

2番目の項目の”Internet Site”を選択します。”Internet Site”は送信サーバーにするための設定です。

次に受信するメールのドメインを設定します。例えばGmailの「user@gmail.com」でいうと、”gmail.com”の部分を入力します。今回は”testmail.com”と登録します。

postfixインストール画面2

これでメールサーバの初期設定が完了しました。その他の設定を行いたい場合は、「/etc/postfix/mail.cf」が設定ファイルになります。各項目を設定すると動作が変わります。

また、初期設定をもう一度行う場合は、以下のコマンドを入力します。

sudo dpkg-reconfigure postfix

手順2.メールを送信して動作確認する

次に、メールが送信できることを確認します。「telnet」コマンドを使って、メールを送信してみましょう。

telnet [サーバのIPアドレス] 25

ちなみに、メール送信のプロトコルはTCP/25番です。telnetコマンドを使うと、TCPの指定したポート番号にアクセスすることができます。プロトコルについて分からない方は、こちらの記事をご覧ください。

https://engineer-ninaritai.com/%e3%80%90it%e3%83%91%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e8%ac%9b%e5%ba%a7%e2%91%a5%e3%80%91%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%88%e3%82%b3%e3%83%ab%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e3%81%ab/

サーバに接続できたら、送信するコマンドを入力します。

mail from:test@test.com ← 送信元のメールアドレス
rcpt to:[送りたい先のメールアドレス]
data
<メール本文入力>
.      ←ドットで本文入力終了

これで、送ったメールが届けば確認完了です。

さいごに

今回の記事ではpostfixを構築しました。ただ今回は、postfixの最低限動作する部分のみ設定を行いました。postfixにはその他にも様々な設定があるので、気になる方は勉強してみてください。次回は受信サーバのdovecotの設定方法を解説していきたいと思います。

ABOUT ME
ryu
大手メーカのIT部門でインフラエンジニアやってます。 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、クラウドについて投稿します。 AI、ARも勉強中です! youtubeでも技術ネタを発信していきます。↓のアイコンよりご覧ください!