strapi

strapiでメールを送信する方法解説!smtpサーバーを指定してメールを送る

プログラミング

こんにちは、フルスタックエンジニアのryuです。今回の記事では、strapiでメールを送信する方法を解説します。smtpサーバーを指定して、strapiからメールを送信しましょう。メールを送信するためには、strapi-provider-email-smtpのモジュールを使うと簡単にできます。

strapiでメールを送信する方法解説!

今回の記事では、strapiでメールを送信する方法を解説します。stmpサーバーを指定する場合は、strapi-provider-email-smtpというモジュールを使用すると簡単に設定することができます。

メールを送信する手順は以下の通りです。

  • strapi-provider-email-smtpのインストール
  • smtpサーバーの指定

では、詳しく解説します。

strapi-provider-email-smtpのインストール

まず、モジュールのインストールを行います。インストールは以下のコマンドを入力します。

npm install strapi-provider-email-smtp

インストールはstrapiが動作しているディレクトリで実行しましょう。strapiの構築ができていない方は、こちらの記事を参考にして構築を行いましょう。

・関連記事: 【簡単】strapiでAPIを作成する方法解説

smtpサーバーの指定

次にstmpサーバーの指定を行います。stmpサーバーは、”config/plugins.js”で行います。下記のように設定しましょう。

module.exports = ({ env }) => ({
  email: {
    provider: 'smtp',
    providerOptions: {
      host: 'smtp.gmail.com', //SMTP Host
      port: 465   , //SMTP Port
      secure: true,
      username: 'my.username@gmail.com', //gmailのメールアドレス
      password: 'my.password', //gmailのパスワード
      rejectUnauthorized: true,
      requireTLS: true,
      connectionTimeout: 1,
    },
    settings: {
      from: 'my.username@gmail.com',
      replyTo: 'my.username@gmail.com',
    },
  },
});

今回の設定は、Gmailで実施しています。Gmailのsmtpサーバーの詳細については、こちらの記事をご覧ください。

・参考:他のメール プラットフォームで Gmail のメールをチェックする – Gmail ヘルプ

stmpサーバーを自分で構築する場合は、こちらの記事を参考に構築してください。

・関連記事:postfixの構築方法を解説!メールサーバーをlinuxに構築してみよう

strapiでメールを送信して動作確認する

最後にstrapiでメールを送信して動作確認してみましょう。

strapiでテストメールを送る方法

strapiでテストメールを送る方法は、メニューの「Settings」をクリックします。

strapiのSettings

次にEmail Pluginの「Email Settings」をクリックします。その後、「Send a test email」に送信するメールアドレスを入力して、「Test email」をクリックします。

これでstrapiからテストメールを送ることができます。smtpサーバーにgmailを使用している場合は、失敗するので、次の手順を行います。

smtpサーバーにgmailを使用している場合

smtpサーバーにgmailを使用している場合、ログインがブロックされたメールが送信されます。これは、smtpサーバーにログインしようとしたからです。メールから、

smtpサーバーへのアクセスがブロック

この場合は、以下のリンクから安全性の低いアプリを許可する必要があります。

安全性の低いアプリと Google アカウント – Google アカウント ヘルプ

アカウントで [安全性の低いアプリの許可] がオフになっている場合から、Googleアカウントの設定を変更しましょう。今回の記事の場合は、開発環境で実施しているため、安全性の低いアプリを許可しています。本番環境の場合は、strapiを安全性の高いアプリとして登録することをオススメします。詳しくはこちらをご覧ください。

アカウントにアクセスできるサードパーティのアプリやサービスを管理する – Google アカウント ヘルプ

strapiでメールを送信する方法まとめ

今回の記事では、strapiでメールを送信する方法を解説しました。まとめると以下のようになります。

メールを送信する手順は以下の通りです。

  • strapi-provider-email-smtpのインストール
  • smtpサーバーの指定
  • googleアカウントで安全性の低いアプリを許可
  • strapiで動作確認

以上で解説を終わります!

About me
大手メーカのIT部門→上場ベンチャーでフルスタックエンジニアやってます。エンジニア歴は8年目。 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、クラウドについて投稿します。 AI、ARも勉強中です! youtubeでも技術ネタを発信していきます。↓のアイコンよりご覧ください!

UdemyでIT講座をチェック!

  • セールだと1500円前後!
  • 無料サンプル講義動画・無料講義動画あり!
  • 気に入らなければ30日間返金保証!