キャリア戦略

【実体験】工業高校から大手メーカーは止めておくべき理由【対策も解説】

こんにちは、ryuです。

今回の記事は、工業高校から大手メーカーはやめておくべき理由を解説します。私は、地元工業高校から大手メーカーに就職してからベンチャー企業に転職しました。今回は大手メーカーにいた実体験から、大手メーカーへの就職をやめておくべき理由を解説します。

工業高校から大手メーカーは止めておくべき理由

工業高校から大手メーカーに就職しようか迷っています・・・

大手メーカーへの就職はオススメしません!一生工場生活です!

今回の記事は、工業高校から大手メーカーは止めておくべき理由を解説します。高卒から大手メーカーへ就職を考えている方必見です。

私自身、地元の工業高校を卒業し、トヨタ系の企業に就職し、ベンチャー企業へ転職しました。その経験や周りの同級生の話を聞いて、大手メーカーへの就職をやめるべき理由を2つ紹介します。

それは、以下の通りです。

  • 一生工場生活になる
  • 将来性が無い
  • メリットが少ない

記事の後半では、このようなデメリットを避けるための方法も解説したいと思います私自身、システム開発の部署に異動し、大卒と同じ仕事を実施しています。もちろんきれいなオフィスで働い手います。どのようにして、大卒と同じ仕事をするようになったのかも詳しく解説します。

では、まずはデメリットの部分から詳しく解説します。

理由①:一生工場生活になる

まず、大手メーカーへの就職をやめるべき理由の1つ目は、一生工場生活になるということです

工場勤務の場合、早朝や夜勤の勤務は当たり前です。また、工場の仕事は1日中同じ動作の繰り返しです。さらに、転勤やオフィスへの異動は基本的には無いので、退職まで工場勤務となります。

一日中同じ動作をするというのは、一見、楽に聞こえるかもしれませんが、退屈な作業を永遠とやらされるのは、とてつもなくストレスになります。

頭を使わずに、体だけ動かせればよいという方にはオススメかもしれません。しかし、様々なことに挑戦したいという方は、大手メーカーに就職することはオススメしません!

理由②:将来性が無い

2つ目の理由は将来性が無いということです。

まず、高卒の場合、出世しないということです。出世するとしても課長くらいです。

学歴による昇進を撤廃するという企業は増えていますが、それでも高卒は出世しないと考えます。その理由は、高卒の場合、仕事内容が単純で簡単な物ばかりだからです。

大抵の高卒の場合、工場勤務となり、手順書に沿って決められた作業を黙々と行います。大卒の場合は、若いうちから複数のプロジェクトに参加し、様々な経験をすることができます。単純作業をする人といくつものプロジェクトをこなす人では、10年後どちらが仕事ができるのかは明確です。

このような理由から、高卒の場合、出世することは無く将来性がありません。

理由③:メリットが少ない

最後の理由は、大手メーカーに就職するメリットは少ないということです。

大手メーカーに就職を考えている人は、以下の理由があるからだと思います。

  • 給料が良い
  • 安定している
  • 福利厚生がよい

しかし、これらのメリットはコロナ禍で業績が悪化する中で保証されると思いますか?

現状、大手メーカーでもどんどんリストラが増えていくので、これらのメリットは無いものだと考えたほうが良いですね。

ここまで、大手メーカーに就職を止めるべき理由を解説しました。次からは、この止めるべき理由を回避する方法を解説したいと思います。

工業高校から大手メーカーに就職しても大卒と同じ仕事ができる?

大手メーカーに就職するのやめようかな・・・

大手メーカーに就職しても、一生工場生活から逃れる方法を解説します!

ここからは、私の実体験です。

私自身、大手メーカーに開発希望で就職し、高卒は工場行くとは知りませんでした。私は工場勤務が死んでも嫌だったので、それを回避するためにITの道に進みました

大卒の場合、高学歴の博士卒が多い中、高卒の私がITの開発部署にどのように移動したのかを解説します。

ITの実力を身に付け、アピール

まずは、ITの実力を身に付けるということです。

開発部署に異動するためには、それなりの実力が必要です。実力を証明するために、アプリを作成したり、応用情報などの資格取得をしました

やはり、アプリを自作してお偉い方に提案するのが一番だと考えます。このようなアプリを開発して、この仕事を改善しました!と発表すると、アピールすることができます。

大抵の企業は、ITエンジニア不足です。アプリを自作する実力を人事権を持ったお偉いさんにアピールすると、部署異動を簡単にできます。重要なのは、人事権を持った人にアピールするという点です。人事権が無い人に言っも何も変わりません。

では、どのようなITの実力を身に付ければよいのでしょうか?

プログラミングとデザインを初心者レベルでできるようになれば十分

ITの実力は、開発をバリバリできるレベルに身に付ける必要はありません。

HTML・Javacript・CSSとWebデザインが初心者レベルでできれば、十分アピールすることができます。

これらの技術を身に付けるためには、Webスクールで勉強することがオススメです。もし部署異動できなくてもスクールを通して転職することができるからです。

Webスクールは以下のような物があります。まずは無料登録してみましょう!

大手企業の開発部署で経験を積むことができたら、次は好きな企業に転職しましょう。大手企業で開発経験があると、学歴が無くても大抵は大丈夫でした(実体験)

転職サイトに登録すると、学歴や開発経験によって適切な企業をエージェントの方が提案してくれます。

結論:ITの知識を身に付けておけば大丈夫!

最後に結論をお伝えします。大手メーカーに就職する場合はITの知識を身に付けておくことをオススメします。

工業高校から普通に就職すると、間違いなく一生工場で生活することになります。

ITの知識を身に付けておくと、開発部署に異動できたり、別の会社に転職できるため、仕事の幅を広げることができます。

このように、将来のことを考えて就職先を決めることをオススメします。転職を考える方はこちらの記事も是非お読みください。

以上で終わります。ここまで読んでいただきありがとうございました!

ABOUT ME
ryu
大手メーカのIT部門でインフラエンジニアやってます。 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、クラウドについて投稿します。 AI、ARも勉強中です! youtubeでも技術ネタを発信していきます。↓のアイコンよりご覧ください!