php

【cakephp】template内でif構文の書き方解説

こんにちは、フルスタックエンジニアのryuです。

今回の記事では、cakephpのtemplate内でif構文の書き方を解説します。template内でifを使えば、条件によってhtmlを表示させたり、表示させなかったりできます。if構文の書き方を詳しく解説します。

【cakephp】template内でif構文の書き方解説

cakephpのtemplate内でif構文ってどうやって使うの?

今回の記事では、cakephpのtemplate内でif構文の書き方を解説します。template内とは、index.ctpなど(.ctp)拡張子のファイルのことです。

if構文を使えるようになると、様々な表現ができるようになるので覚えておきたい内容です。

では、早速解説します。

if構文の使い方

if構文の使い方は下記の通りです。「src/Template/Pages/index.ctp」に下記の内容を加えます。

<?php if($number >10): ?>
  <p>numberは10以上です。</p>
<?php endif; ?>

if構文は、<?php if([条件]): ?> ~<?php endif; ?>で書くことができます。

この間にhtmlを書くことで、条件に合った場合に、そのhtmlを表示することができます。

では、実際にcontrollerに値を入れてif文が動作するか見てみましょう。

    public function index(){
        $number = 100;
        $this->set(compact('number'));
    }

webページにアクセスすると、出力結果は下記のようになります。

$number = 100;の場合

$number = 1;の場合

このようにifでhtmlを表示したり、表示しないようにしたりできます。

elseの使い方

elseの使い方は下記の通りです。

<?php if($number >10): ?>
  <p>numberは10以上です。</p>
<?php else: ?>
  <p>numberは10以下です。 </p>
<?php endif; ?>

elseifを使う場合は下記の通りです。

<?php if($number === 10): ?>
  <p>numberは10です。</p>
<?php elseif($number > 10 ): ?>
  <p>numberは10より大きいです。</p>
<?php else: ?>
  <p>numberは10以下です。 </p>
<?php endif; ?>

このようにelseを使うことで、さらに複雑な条件式を作ることができます。

template内でif構文の書き方

今回の記事では、template内でif構文の書き方を解説しました。

if構文は良く使うので覚えておきましょう!

今回の記事は、ドキュメントのこちらを参考にしております。

ビュー – 4.x (cakephp.org)

また、cakephpをさらに知りたいという方は、こちらの参考書を読んでみてください。

About me
大手メーカのIT部門→上場ベンチャーでフルスタックエンジニアやってます。エンジニア歴は8年目。 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、クラウドについて投稿します。 AI、ARも勉強中です! youtubeでも技術ネタを発信していきます。↓のアイコンよりご覧ください!

UdemyでIT講座をチェック!

  • セールだと1500円前後!
  • 無料サンプル講義動画・無料講義動画あり!
  • 気に入らなければ30日間返金保証!