Docker

【Mac】no matching manifest for linux/arm64/v8 in the manifest list entriesというエラーの対処方法

PCでコーディング

こんにちは、フルスタックエンジニアのryuです。

今回の記事は、「no matching manifest for linux/arm64/v8 in the manifest list entries」というエラーについての対処方法について解説します。

docker-compose up -dを実行した際、上記のエラーが発生しました。これは、MacのM1チップを使用しているから出力されるエラーです。対処方法について詳しく解説します。

no matching manifest for linux/arm64/v8 in the manifest list entriesというエラーの対処方法

Mysqlのコンテナを立ち上げる際に、以下のエラーが表示されました。

no matching manifest for linux/arm64/v8 in the manifest list entries

解決方法はdocker-compose.ymlにplatformを記載するだけです。

docker-compose.ymlにplatformを記載

先ほどのエラーを解決するためには、docker-compose.ymlファイルに以下の内容を記載します。

 db:
    platform: linux/x86_64

platformの設定を追加すれば、エラーは解消できます!

Dockerのplatformとは?

docker-compose.ymlのplatformとは、何を意味するのでしょうか?platformの設定をすることで、コンテナが稼働するプラットフォームを設定することができます。

Mac M1では、Mysqlが動作しないので、Platfromを変更して、linux/amd64として実行することが必要です。

参考:Docker Desktop for Apple silicon | Docker ドキュメント

no matching manifest for linux/arm64/v8 in the manifest list entriesというエラーの対処方法まとめ

今回の記事では、no matching manifest for linux/arm64/v8 in the manifest list entriesというエラーの対処方法について解説しました。

対処方法はコンテナを起動させるプラットホームを変更するだけです。簡単ですね。

以上で今回の記事を終わります。当ブログでは、このようなITに関連する記事を発信しているので興味のある方は引き続きご覧ください。

About me
大手メーカのIT部門→上場ベンチャーでフルスタックエンジニアやってます。エンジニア歴は8年目。 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、クラウドについて投稿します。 AI、ARも勉強中です! youtubeでも技術ネタを発信していきます。↓のアイコンよりご覧ください!
年収をアップさせたいエンジニア必見!

レバテックキャリアは、高い専門性を持つアドバイザーが5000件以上のハイクラス求人の中から理想の求人をご提案します。年収600万円以上のハイクラス求人が多数!!!

PayPay、Sansan、SmartHR、ディー・エヌ・エー、LINE、freee、アクセンチュア、PwC、デロイトトーマツ、NTTデータ、SCSK、IIJなど大手IT企業からWeb系企業、スタートアップまでを幅広く網羅

キャリアップしたい方、年収をアップさせたい方などにおすすめです。

ハイクラス求人を見てみる

RELATED POST