Linux

【Linux】whichコマンドを使用してコマンドの絶対パスを表示する【オプションなども併せて解説】

こんにちは、フルスタックエンジニアのryuです。

今回の記事では、コマンドの絶対パスを表示するwhichコマンドの使い方について解説します。whichコマンドは指定したコマンドの絶対パスを表示します。whichコマンドは環境変数のPATHを順に調べて、コマンドの絶対パスを返します。コマンドのパスを調べるときにwhichコマンドを使用しましょう。

whichコマンドを使用してコマンドの絶対パスを表示する

whichコマンドはどうやって使うの?

今回の記事では、whichコマンドの使い方を解説します。whichコマンドは指定したコマンドの絶対パスを返します。コマンドのパスを調べたいときに使用しましょう。

whichコマンドの使い方

では早速whichコマンドの使い方について解説します。コマンドは以下の通りです。

which touch
→/usr/bin/touch

コマンドを実行すると、touchコマンドの絶対パスを返します。whichコマンドの書式はこちらです。

which [コマンド]

whichコマンドは環境変数のPATHを検索するため、一般ユーザーで管理者用のコマンドを検索できません。ifconfigコマンドやaptコマンドは一般ユーザで検索できないので注意しましょう。

whichコマンドのオプション

whichコマンドのオプションには、以下のようなものがあります。

-a環境変数のPATHにある全ての実行ファイルを表示する
-iエイリアスも併せて検索

例えば、”-a”オプションを付けてコマンドを実行すると、複数のパスが表示されます。

which -a touch
→/usr/bin/touch
→/bin/touch

環境変数のPATHの中にあるコマンドが全て表示されます。

whichコマンド以外でコマンドのパスを表示する方法

次にwhichコマンド以外でコマンドのパスを表示するコマンドも紹介します。それは、whereisコマンドです。whereisコマンドはwhichコマンド同様に検索したいコマンドを指定するだけです。

whereis touch
→touch: /usr/bin/touch /usr/share/man/man1/touch.1.gz

whereisコマンドでは指定されたコマンドのバイナリファイル、ソースコード、マニュアルファイルのおかれている場所を表示します。

whichコマンドとwhereisコマンドのどちらとも覚えておきましょう!

whichコマンド使い方まとめ

今回の記事では、whichコマンドの使い方について解説しました。まとめると以下のようになります。

  • whichコマンドで指定したコマンドのパスを調べる
  • whichコマンド以外にもwhereisコマンドでも調べることができる

スクリプトを作成する際、コマンドの絶対パスを知りたいときにwhichコマンドを使いましょう!

このようなインフラエンジニアに必要な知識を当ブログでは、紹介しているので興味のある方は是非ご覧ください。

さらにlinuxについて勉強したい方はこちらの参考書がオススメです。

About me
大手メーカのIT部門→上場ベンチャーでインフラエンジニアやってます。エンジニア歴は8年目。 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、クラウドについて投稿します。 AI、ARも勉強中です! youtubeでも技術ネタを発信していきます。↓のアイコンよりご覧ください!