Linux

インフラ学習におすすめのサイトInfraAcademy(インフラアカデミー)

こんにちは!

今回は、インフラ学習を始める方におすすめのサイト、InfraAcademy(インフラアカデミー)についてご紹介します。インフラ学習をするにあたって、Linuxやネットワークの充実した学習コンテンツが欠かせませんよね。InfraAcademyは、そのようなニーズに応える学習プラットフォームとして、多くの学習者から高い評価を受けています。今回はインフラ学習におすすめのInfraAcademyについてご紹介します。

関連【おすすめ】コマンドを打ちながらLinuxが学べるサイトInfraAcademy

サーバー構築を実践で身につけるInfraAcademy

※本ページには、プロモーション・アフィリエイトリンクが含まれています

インフラ学習サイトのInfraAcademyとは?

InfraAcademyとは?

InfraAcademy(インフラアカデミー)は、インフラに特化したオンライン学習プラットフォームです。

Linuxやネットワークを実践的に学習することができます。

InfraAcademyの特徴

InfraAcademyの特徴は、実践的にインフラ学習ができる点です。

Linuxの場合は、シュミレーターを使ってコマンドの練習ができます。ネットワークの場合は、PacketTracerというネットワークシュミレーターを使って、実際にネットワークを構築しながら学習を進めます。

また、テキストで学習することで、自分の理解や進捗に合わせて読み進めることができます。

以下は、InfraAcademyの講座の一部です。

InfraAcademyの詳細を見る

InfraAcademyで学習できる内容とは?

インフラエンジニアになるための内容が学習できる

InfraAcademyでは、インフラエンジニアになるための知識を1から学習できます。

インフラエンジニになるためには、Linuxとネットワークの知識が必須です。

現在公開しているLinuxとネットワーク講座の一例をご紹介します。

Linux講座の一例

Linux講座の一例です。

Linux講座の一覧を見る

ネットワーク講座の一例

ネットワーク講座の一例です。

ネットワーク講座の一覧を見る

インフラ学習のためのロードマップ

先ほど紹介した講座はほんの一部です。InfraAcademyではインフラ学習のためのロードマップに沿って学習を進めます。

まずは、Linuxの入門編から始めます。Linuxの基礎的な学習進め、中級編では、Linuxの仕組みやパッケージのインストール方法などを学習します。

次に、ネットワークです。ネットワークでは、スイッチやルーターを使って基礎的なネットワークが構築できるように学習します。

その後、TCP/IPを学習し、さらにコンテナ技術やセキュリティ、クラウドなど応用的な学習に進みます。

このようなインフラエンジニになるための学習をInfraAcademyでサポートします。

まとめ

インフラ学習を始めるなら、InfraAcademy(インフラアカデミー)がおすすめです。充実した学習コンテンツ、現役エンジニアよるLINEサポートなど、インフラ学習をサポートする要素が揃っています。

また、忙しい方でもフレキシブルな学習スケジュールで学ぶことができます。

インフラエンジニアとしてのスキルアップを目指すなら、ぜひInfraAcademyを活用してみてください。さまざまなコースや学習プランが用意されていますので、自分に合ったコンテンツを選び、着実にスキルを身につけてください。新しい挑戦を始める第一歩は、InfraAcademyと一緒に踏み出しましょう!

ABOUT ME
ryu
大手メーカのIT部門→上場ベンチャーでフルスタックエンジニアやってます。エンジニア歴は8年目。 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、クラウドについて投稿します。 AI、ARも勉強中です! youtubeでも技術ネタを発信していきます。↓のアイコンよりご覧ください!
RELATED POST