Linux

【Linux】pwdコマンドの使い方解説!カレントディレクトリを表示するコマンド

こんにちは、フルスタックエンジニアのryuです。

今回の記事は、Linuxのpwdコマンドについて解説します。”pwd”というコマンドは、Print Working Directoryの略で、日本語では「現在の作業ディレクトリを表示する」という意味になります。このコマンドは、ターミナルで実行することで、現在自分がどのディレクトリ(フォルダ)にいるのかを表示してくれます。

関連【おすすめ】コマンドを打ちながらLinuxが学べるサイトInfraAcademy

サーバー構築を実践で身につけるInfraAcademy

※本ページには、プロモーション・アフィリエイトリンクが含まれています

pwdコマンドの使い方解説

pwdコマンドはカレントディレクトリを表示するコマンド

pwdコマンドは、以下のように実行します。

pwd

コマンドを実行すると、以下のように表示されます。

これは、カレントディレクトリ(現在作業しているディレクトリ)が/であることを示しています。

cdコマンドでカレントディレクトリを移動した場合、pwdコマンドの結果も変わります。

cd /etc/
pwd

##出力結果
/etc

カレントディレクトリとは?

カレントディレクトリとは、現在作業しているディレクトリ(フォルダ)のことを指します。

例えば、ターミナルを開いたとき、最初にいる場所がカレントディレクトリです。このカレントディレクトリの中でファイルの作成や削除、他のディレクトリへの移動などが行われます。

カレントディレクトリを移動する場合はcdコマンドを使用します。

カレントディレクトリなどはこちらの記事で詳しく解説しています。

関連:【Linux入門講座1】ディレクトリと相対パス、絶対パス

pwdコマンドのオプション

また、”pwd”コマンドにはいくつかの2つのオプションがあります。

オプション説明
-Pシンボリックリンクではなく、実際の物理的なパスを表示します
-L現在のカレントディレクトリを表示します。

しかし、オプションを使わなくてもカレントディレクトリは表示されるので、あまりオプションを使う機会はありません。

pwdコマンドの使い方まとめ

今回の記事では、pwdコマンドの使い方について解説しました。

pwdコマンドはカレントディレクトリを表示するためのコマンドです。Linuxを使う方は必ず覚えておきたいコマンドの1つです。

Linuxコマンドの練習できる学習サービス

「Linuxの実践的な内容を学習したい」、「コマンドを打ちながらLinuxを学習したい」

そのようなご要望にお応えして、Linuxやネットワークが学習できるサイト「InfraAcademy」をリリースしました!

入門から中級まで初心者でもわかりやすく学習を進めることができます。

↓InfraAcademyの講座の一部です。

上記以外にも、DNSサーバーの構築方法や、Dockerの設定方法などさまざまな講座があります。

インフラエンジニアに必要な知識が学習できます。

InfraAcademyでLinuxの学習を始める

参考:Linuxのコマンド練習用サイトのInfraAcademyを作成しました。【Linuxのコマンドをブラウザで練習しよう】

ABOUT ME
ryu
大手メーカのIT部門→上場ベンチャーでフルスタックエンジニアやってます。エンジニア歴は8年目。 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、クラウドについて投稿します。 AI、ARも勉強中です! youtubeでも技術ネタを発信していきます。↓のアイコンよりご覧ください!
RELATED POST