aws

【AWS】S3とCloudfrontを使ってhttpsでリダイレクトする方法解説

こんにちは、フルスタックエンジニアのryuです。

今回の記事は、S3とCloudfrontを使ってhttpsでリダイレクトする方法解説します。AWSで301リダイレクトを実装するためにはS3を使用する必要があります。S3では、httpsの実装ができないので、cloudfrontも連携させましょう!

S3とCloudfrontを使ってhttpsでリダイレクトする方法解説

httpsでリダイレクトするには、どうしたらいいの?

今回の記事では、AWSでhttpsでURLをリダイレクトする方法を解説します。

具体的には、「https://test.com」にアクセスしたら、「https://www.engineer-ninaritai.com/」にアクセスされる挙動を実装します。

構成は、CloudfrontとS3を使用します。

では、設定方法を詳しく解説します!

S3でリダイレクトの設定する

まず、S3でリダイレクトの設定をします。

S3のバケットを作成しましょう。バケット名はリダイレクトされるURLに合わせておきましょう!

S3バケット作成

バケットを作成したら、リダイレクトの設定を行います。

「プロパティ」より「静的ウェブサイトホスティング」の設定を行います。

設定値は以下の通りです。

  • 静的ウェブサイトホスティング→有効にする
  • ホスティングタイプ→オブジェクトのリクエストをリダイレクトする
  • ホスト名→リダイレクトしたいURL
  • プロトコル – オプション→https

リダイレクト設定

設定が完了すると、httpでリダイレクトができるようになります。下記のURLにアクセスすると、リダイレクトできるようになっています。

httpでリダイレクトを確認

しかし、今回はhttpsでリダイレクトさせたいため、cloudfrontの連携を実施します。

また、S3でさらに細かいリダイレクトの設定をしたい場合は、こちらのドキュメントを参考にしてください。

(オプション) ウェブページリダイレクトの設定 – Amazon Simple Storage Service

Cloudfrontの設定

次にCloudfrontを作成しましょう!

Cloudfrontのコンソールから、「Create Distribution」を選択します。

Cloudfront Create Distribution 

次に設定値についてです。

Origin Domain NameはS3のURLを入力します。

先ほど作成したS3でリダイレクトできるURLのFQDNを入力します。

S3のURL

この部分を入力します。

Origin Domain Name

自動選択で入力される名前ではないので注意しましょう。リージョン名がある名前を入力します。

Origin Domain Nameの設定を間違えると、「Access Denied」のエラーが表示されるので間違えないようにしましょう。

カスタムドメインでURLを設定したい場合は、下記の設定を行います。ただ、今回は証明書などの設定の解説はしないので、デフォルトのURLのままで実装します。

cloudfrontのカスタムドメイン

残りの設定はデフォルトで大丈夫です。cloudfrontを作成しましょう。

httpsでリダイレクトできるか確認してみよう

最後に動作確認です。

CloudfrontのURLでアクセスすると、URLが書き換わりリダイレクトされます。

https://XXXX.cloudfront.netとcloudfrontのURLをブラウザに入力します。

アクセスすると、下記のようにURLが自動で書き換わりました!

これでリダイレクトが成功です!

S3とCloudfrontを使ってhttpsでリダイレクトする方法まとめ

今回の記事では、AWSでhttpsでURLをリダイレクトする方法を解説しました。S3とCloudfrontを連携させるとhttpsでリダイレクトを実装することができます。

Apacheでは、簡単に実装できますが、AWSだとめんどくさいですね・・・

AWSについてさらに勉強したい方は、こちらの参考書がオススメです!

ABOUT ME
ryu
大手メーカのIT部門でインフラエンジニアやってます。 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、クラウドについて投稿します。 AI、ARも勉強中です! youtubeでも技術ネタを発信していきます。↓のアイコンよりご覧ください!