aws

【簡単】cloudfrontでキャッシュをクリアする方法解説!【AWS】

こんにちは、フルスタックエンジニアのryuです。

今回の記事は、cloudfrontでキャッシュをクリアする方法を解説します。キャッシュを削除するためには、「Create Invalidate」から設定することができます。cloudfrontでキャッシュをクリアする手順を分かりやすく解説します!

cloudfrontでキャッシュをクリアする方法解説!

cloudfrontのキャッシュはどうやって消したらいいの?

今回の記事は、cloudfrontでキャッシュをクリアする方法を解説します。

キャッシュを消す方法は簡単で、「Create Invalidation」からキャッシュを削除できます。

設定手順を詳しく解説します!

cloudfrontのCreate Invalidationからキャッシュクリアする

では、早速設定方法を解説します。

まず、cloudfrontのコンソール画面に行きます。

そしてタブの「Invalidations」を選択します。

cloudfrontのinvalidations

そして、「Create Invalidation」をクリックします。クリックすると、以下のようなポップアップが表示されます。

Create Invalidation

削除するキャッシュのパスを指定する

Object Pathsに削除するキャッシュのパスを指定して完了です。

“*”を指定すると全てのキャッシュを削除することができます。

キャッシュのパスを指定

パスの指定ができたら、「Invalidate」をクリックしてください。

Statusが「In Progress」から「Completed」になれば完了です!

キャッシュの削除完了

キャッシュクリアしてもキャッシュが残っている場合の対処法

最後にcloudfrontのキャッシュクリアしても、まだキャッシュが残っている場合の対処方法を解説します。

それは、現在使用しているブラウザを閉じて、新しくシークレットブラウザでアクセスすることです。

ブラウザにキャッシュが残ってしまい、cloudfrontでクリアしても変更されない場合は、ブラウザを一度消しましょう。そして、キャッシュが保存されないシークレットモードでアクセスすることをお勧めします。

cloudfrontでキャッシュをクリアする方法解説まとめ

ここまで、cloudfrontでキャッシュをクリアする方法を解説しました。

「Create Invalidation」から削除するキャッシュのパスを指定して、削除します。簡単ですね。

S3+cloudfrontで静的サイトを公開する場合、新しくデプロイしたら、cloudfrontのキャッシュを消すようにしましょう。キャッシュが残ると、新しくデプロイしたものが即時反映されないからです。

S3+cloudfrontで静的サイトを公開する方法はこちらの記事で解説しております。

【AWS】S3+CloudFrontを使って静的サイトをHttpsで公開する方法解説 こんにちは、フルスタックエンジニアのryuです。 今回の記事では、AWSでS3+CloudFrontを使って静的...

また、AWSについてさらに勉強したい方は、こちらの講座と参考書がオススメです。

AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイト試験突破講座 – 初心者向け20時間完全コース-

ABOUT ME
ryu
大手メーカのIT部門でインフラエンジニアやってます。 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、クラウドについて投稿します。 AI、ARも勉強中です! youtubeでも技術ネタを発信していきます。↓のアイコンよりご覧ください!