Linux

Linuxのコマンドの覚え方は?現役のエンジニアが解説します

こんにちは、フルスタックエンジニアのryuです。

今回の記事は、Linuxのコマンドの覚え方について解説します。Linuxを実務で使うけど、コマンドが覚えられないという悩みがある方は必読です。私自身もLinux学習当初は、全くLinuxのコマンドが覚えられませんでした。ただ、数年経つとコマンドを調べなくても、スラスラとコマンドが打てるようになっていました。今回は、どうやってコマンドを覚えたのかを解説します。

このような方におすすめ

  • Linux初心者の方
  • Linuxのコマンドを使いこなせるようになりたい方

関連【おすすめ】コマンドを打ちながらLinuxが学べるサイトInfraAcademy

サーバー構築を実践で身につけるInfraAcademy

※本ページには、プロモーション・アフィリエイトリンクが含まれています

Linuxのコマンドの覚え方は?

Linuxコマンドを覚えるコツ

Linuxコマンドってどうやって覚えたらいいの?

このような悩みを持っている方は多いと思います。Linuxのコマンドはさまざまな種類があります。Linuxのコマンドを1つ1つ覚えるのはとても大変です。

しかし、Linuxのコマンドを覚えるためのコツがあります。

今回は、現役エンジニアが、Linuxコマンドを覚えるコツを詳しく解説します!

Linuxのコマンドの覚えるために、以下のポイントがあります。

  • よく使う重要なコマンドだけ覚える
  • コマンドの成り立ちを考える
  • コマンドを繰り返し練習する

さらに詳しく解説します!

よく使う重要なコマンドだけ覚える

Linuxのコマンドを覚えるためのポイントの1つ目が「よく使う重要なコマンドだけを覚える」です。

では、よく使う重要なコマンドとは何なのでしょうか?

これは業務によって変わりますが、基本的な部分は共通です。まずは、ファイルの操作系のコマンドは必ず覚えておきましょう。ファイルの操作は、cd,echo,vi,ls,chmodなどファイルの編集や表示はもちろん権限管理のコマンドも覚えておきましょう。

これらのコマンドを練習するためには、InfraAcademyがおすすめです。InfraAcademyでは、Linuxの基礎を学習しながら、Linuxのコマンドをシュミレーターを用いて練習できます。

InfraAcademyでの学習の様子

InfraAcademyでLinuxを学習する

関連:Linuxのコマンド練習におすすめのInfraAcademy【Linuxのコマンドをブラウザで練習しよう】

コマンドの成り立ちを考える

続いて、コマンドを覚えるためのポイントは「コマンドの成り立ちを考える」です。

Linuxのコマンドを英語の羅列だと思うとなかなか覚えられません。

Linuxのコマンドは、英単語を短縮して作られているものが多いです。意味を考えならが覚えましょう。

よく使うコマンドと元の英単語を以下に示します。

コマンド元の英単語用途
lslistディレクトリの内容を表示する
cdchange directoryカレントディレクトリを変更する
mkdirmake directory新しいディレクトリを作成する
rmremoveファイルやディレクトリを削除する
cpcopyファイルやディレクトリをコピーする
mvmoveファイルやディレクトリを移動または名前変更する
touchtouch新しいファイルを作成したり、タイムスタンプを更新する
catconcatenate(連結する)ファイルの内容を表示したり、ファイルを連結する
grepglobal regular expression printテキスト内でパターンに一致する行を検索する
chmodchange modeファイルやディレクトリのパーミッションを変更する

さらにコマンドの成り立ちを見たい方はこちらの記事を参考にしてください。

関連:Linuxコマンドの意味一覧。よく使うLinuxコマンド50個の意味の一覧

コマンドを繰り返し練習する

最後のポイントはコマンドを繰り返し練習することです。

初めてコマンドを学んだときは、覚えるのが大変かもしれませんが、実践を重ねることで徐々に慣れてきます。

毎日少しずつコマンドを使ってみることで、覚えやすくなります。

また、自分の手でコマンドを実行することで、理解が深まります。コマンドの使い方やオプション、効果を実際に体験することで、知識が定着していくでしょう。

練習の際には、ミスやエラーが発生することもあります。間違ってしまった場合でも、それを修正することでより理解が深まります。

コマンドを覚えるのは大変ですが、根気よくコマンドを練習していきましょう!

コツコツとLinuxnの勉強を継続しましょう!

まとめ

今回はLinuxコマンドの覚え方について解説しました。今回解説したポイントは、以下の3つです。

  • よく使う重要なコマンドだけ覚える
  • コマンドの成り立ちを考える
  • コマンドを繰り返し練習する

コマンドを覚えることは、インフラエンジニアになることの第一歩なので、根気強く頑張りましょう!

さらにLinuxのコマンドの学習をしたい人に向けて、InfraAcademyというインフラ学習サービスのご紹介です。

「Linuxの実践的な内容を学習したい」、「コマンドを打ちながらLinuxを学習したい」

そのようなご要望にお応えして、Linuxやネットワークが学習できるサイト「InfraAcademy」をリリースしました!

入門から中級まで初心者でもわかりやすく学習を進めることができます。

↓InfraAcademyの講座の一部です。

上記以外にも、DNSサーバーの構築方法や、Dockerの設定方法などさまざまな講座があります。

インフラエンジニアに必要な知識が学習できます。

InfraAcademyで学習を始める

関連:【Linux】サーバー構築の練習方法を解説!サーバー構築のスキルを身につけよう

関連:Linuxが学べるおすすめ学習サイト5選ご紹介!【初心者向け】

ABOUT ME
ryu
大手メーカのIT部門→上場ベンチャーでフルスタックエンジニアやってます。エンジニア歴は8年目。 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、クラウドについて投稿します。 AI、ARも勉強中です! youtubeでも技術ネタを発信していきます。↓のアイコンよりご覧ください!
RELATED POST