Linux

【Linux】rm: cannot remove ‘testdir’: Is a directoryというエラーが出た場合の解決方法

こんにちは、フルスタックエンジニアのryuです。

今回の記事では、rm: cannot remove ‘testdir’: Is a directoryというエラーが出た場合の解決方法を解説します。このエラーは、rmコマンドはファイルを削除するコマンドで、ディレクトリを削除する場合は”-r”オプションが必要になります。また、ディレクトリを削除するrmdirコマンドを使っても削除することが可能です。

関連【おすすめ】コマンドを打ちながらLinuxが学べるサイトInfraAcademy

サーバー構築を実践で身につけるInfraAcademy

※本ページには、プロモーション・アフィリエイトリンクが含まれています

rm: cannot remove ‘testdir’: Is a directoryというエラーが出た場合の解決方法

エラーはディレクトリを削除すると発生する

rmコマンドは、ファイルを削除するコマンドです。testdirというディレクトリを削除すると、「rm: cannot remove ‘testdir’: Is a directory」とエラーが発生します。

rm testdir
→rm: cannot remove 'testdir': Is a directory

エラーの意味は、「testdirはディレクトリです。削除できません。」となります。

解決するためには、rmコマンドの”-r”オプションを使うか、ディレクトリを削除するrmdirコマンドを使用します。

rmコマンドの”-r”オプションを指定する

ディレクトリを削除する場合は、”-r”オプションを使用します。

rm -r [ディレクトリ]
rm -r testdir

rmdirコマンドでディレクトリを削除する

rmdirコマンドを使うことでも、ディレクトリを削除することができます。

rmdir [ディレクトリ]
rmdir testdir

rmdirコマンドの使い方についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

関連:linuxでディレクトリを削除するコマンド”rmdir”の使い方を詳しく解説!【初心者向け】

まとめ

今回の記事では、rm: cannot remove ‘testdir’: Is a directoryというエラーが出た場合の解決方法を解説しました。rm -rで削除するか、rmdirコマンドを実行すれば解決できます。

さらにLinuxのコマンドの学習をしたい人に向けて、InfraAcademyというインフラ学習サービスのご紹介です。

「Linuxの実践的な内容を学習したい」、「コマンドを打ちながらLinuxを学習したい」

そのようなご要望にお応えして、Linuxやネットワークが学習できるサイト「InfraAcademy」をリリースしました!

入門から中級まで初心者でもわかりやすく学習を進めることができます。

↓InfraAcademyの講座の一部です。

上記以外にも、DNSサーバーの構築方法や、Dockerの設定方法などさまざまな講座があります。

インフラエンジニアに必要な知識が学習できます。

InfraAcademyで学習を始める

参考:Linuxのコマンド練習用サイトのInfraAcademyを作成しました。【Linuxのコマンドをブラウザで練習しよう】

ABOUT ME
ryu
大手メーカのIT部門→上場ベンチャーでフルスタックエンジニアやってます。エンジニア歴は8年目。 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、クラウドについて投稿します。 AI、ARも勉強中です! youtubeでも技術ネタを発信していきます。↓のアイコンよりご覧ください!
RELATED POST