Linux

Linuxでよく使うコマンド40個紹介!ls,pwd,cd,mkdir・・・

こんにちは、フルスタックエンジニアのryuです。

今回の記事では、Linuxでよく使うコマンド40個紹介します。ls,pwd,cd,mkdirなどさまざまなLinuxコマンドをご紹介します。Linuxの操作に必要なものから、知っておくと便利なコマンドまで。Linux初心者の方やLinuxをさらに学習したい方におすすめの内容です。

関連【おすすめ】コマンドを打ちながらLinuxが学べるサイトInfraAcademy

サーバー構築を実践で身につけるInfraAcademy

※本ページには、プロモーション・アフィリエイトリンクが含まれています

Linuxでよく使うコマンド40個紹介!

よく使うLinuxコマンドはこちらです!

コマンド説明
lsディレクトリの内容を表示
pwd現在の作業ディレクトリを表示
cdディレクトリを変更
mkdir新しいディレクトリを作成
rmdir空のディレクトリを削除
touch新しい空のファイルを作成またはタイムスタンプを更新
cpファイルやディレクトリをコピー
mvファイルやディレクトリを移動または名前変更
rmファイルやディレクトリを削除
catファイルの内容を表示
lessファイルの内容をページ単位で表示
headファイルの先頭部分を表示
tailファイルの末尾部分を表示
grepファイル内の文字列を検索
findファイルやディレクトリを検索
psプロセスの情報を表示
killプロセスを終了
top実行中のプロセスとシステムの情報を表示
chmodファイルのパーミッションを変更
chownファイルの所有者を変更
tarアーカイブを作成または展開
zipZIPアーカイブを作成または展開
unzipZIPアーカイブを展開
dfディスクの空き容量を表示
duディスク使用量を表示
freeメモリの空き容量を表示
pingネットワークホストへの応答時間を測定
ifconfig (または ip)ネットワークインターフェースの設定を表示
sshセキュアシェルを使用してリモートホストに接続
scpセキュアにファイルをリモートホストにコピー
wgetインターネットからファイルをダウンロード
curlURLからデータを取得
manコマンドのマニュアルページを表示
historyコマンドの履歴を表示
date現在の日付と時刻を表示または設定
echoテキストを表示または変数に代入
grepテキスト内でパターンに一致する行を検索
sedテキストのストリーム編集
awkテキスト処理のためのパターンスキャンと処理言語
sortテキストをソートして表示

Linuxのコマンドの使い方を学びたい方

Linuxのコマンドの使い方を学びたい方は、InfraAcademy(インフラアカデミー)がおすすめです。

InfraAcademyでは、Linuxが体系的に学習できます。

イラストなどでわかりやすく解説しています!

Infra Academyのサイトを見る

関連記事:Linuxのコマンド練習用サイトのInfraAcademyを作成しました。【Linuxのコマンドをブラウザで練習しよう】

ABOUT ME
ryu
大手メーカのIT部門→上場ベンチャーでフルスタックエンジニアやってます。エンジニア歴は8年目。 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、クラウドについて投稿します。 AI、ARも勉強中です! youtubeでも技術ネタを発信していきます。↓のアイコンよりご覧ください!
RELATED POST