AI

E資格の受験方法を解説!【講座受講から当日の受験までの流れ】

こんにちは、インフラエンジニアのryuです。

今回は、ディープラーニング試験E資格の受験方法を解説します。E資格を受験するためには、講座の受講が必須です。講座受講から当日の試験の様子までの一連の流れを解説します。今後、E資格を受験しようと考えている人は必見です。

E資格の受験方法を解説!

E資格とは、ディープラーニングのエンジニアのための資格試験です。

最近の流行はAIだと思い、E資格にチャレンジしました。2020年2月22日に受験しました。

今回の記事では、E資格の受験方法を解説します。

E資格の概要

公式ホームページには以下のように書かれています。

ディープラーニングに関する知識を有し、事業活用する人材(ジェネラリスト)と、ディープラーニングを実装する人材(エンジニア)の育成を目指します。各々に必要な知識やスキルセットを定義し、資格試験を行うとともに、協会が認定した事業者がトレーニングを提供します。各々年二回実施予定。日進月歩する技術であることから、検定・資格実施年毎に実施年号を付与する。

(日本ディープラーニング協会公式ホームページより)

ディープラーニングの試験には、G検定とE資格の2種類があります。

G検定はディープラーニングを活用する人のための試験

E試験はディープラーニングを実装する人のための試験となります。

E資格は実装する人のための試験。つまり、ディープラーニングをプログラミングできるスキルが必要です。

テスト中に実際にプログラミングするわけではありませんが、コードが出題され穴埋め問題として出題されます。

また、概要に「 日進月歩する技術である 」ということで、最新の論文などから出題される傾向があります。

どのような問題が出題されるのか

E資格は、過去問が公開されていません。過去問が公開されていないので、どのような問題が出題されるのか分からないと思います。

出題形式は4択の穴埋め問題になります。大問が34問あり、大問1問の中に、2~3問の問題があります。

出題される問題は学習のシラバスを読めば分かります。

しかし、単語しか載っていないので、その単語の意味や数式、特徴、実装方法は把握しておいたほうが良いです。

シラバスは公式ホームページより確認できます。

講座受講から当日の受験までの流れ

E資格を受験するためには、JDLAの認定プログラムを受講する必要があります。

その認定プログラムを受講し、修了してから受験することができます。

受験までの流れは以下のようになります。

  1. JDLAの認定プログラムを受講
  2. JDLA認定プログラムの修了
  3. E資格受験申込
  4. E資格受験

JDLAの認定プログラムを受験

E資格を受験するためには、認定プログラムを受験する必要があります。

認定プログラムを受験するためには、受験料が数十万掛かります。

費用と相談して受講しましょう。

認定プログラムの一覧は公式ページを参照してください。

https://www.jdla.org/business/certificate/?id=certificate_No04

東京の会場が多いですが、インターネット経由で受講するものもあります。

JDLA認定プログラムの修了

JDLA認定プログラムを修了するためには、いくつかの条件があります。(講座によります)

私が受講した講座では、毎回宿題がありました。授業で習ったモデルを実装して、AIの精度を受講者同士で競うものです。Kaggleのような感じです。

そもそもJDLA認定プログラムを受講するためには、ある程度Pythonでコーディングできるスキルが必要です。

また、出席率も関係してくるので、必ず出席しましょう。

JDLA認定プログラムを修了すると、修了コードがもらえます。

E資格受験申込

E資格受験の申し込みは、公式ホームページから行えます。

受験申込に必要なものは、修了コードと受験申込コード(バウチャーコード)が必要です。受験申込コードは認定プログラム終了後、受験するかどうか聞かれ、受験すると回答すると、バウチャーコードがもらえます。

バウチャーコードをもらっていない人はJDLA認定プログラム事業者に問い合わせましょう。

受験申込手順は以下のサイトに記載があります。

https://www.jdla.org/wp/wp-content/uploads/2019/12/%E3%80%902020%E5%B9%B4-%E7%AC%AC1%E5%9B%9E-E%E8%B3%87%E6%A0%BC%E3%80%91%E5%80%8B%E4%BA%BA%E7%94%B3%E8%BE%BC%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%BCv1.pdf

E資格の受験

最後にE資格の受験についてです。当日の受験の注意点をまとめました。

  • 持ち物は身分証明書のみ
  • 受験表はありません
  • PC受験のため、試験が終わったら帰宅できます
  • 計算問題はPCに備え付けの電卓が使用できます

会場に到着したら、スタッフに身分証明書を見せます。

そうすると、受験に使用するPCの使い方が書かれた用紙がもらえます。

PCで受験を行い、終わったら帰宅できます。

ちなみに合格発表は2020年3月3日です。

私は落ちているかもしれませんが。。。次回も頑張ります。

ABOUT ME
ryu
大手メーカのIT部門でインフラエンジニアやってます。 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、クラウドについて投稿します。 AI、ARも勉強中です! youtubeでも技術ネタを発信していきます。↓のアイコンよりご覧ください!