Linux

【Linux】SSHの設定方法を詳しく解説!サーバーをリモートからSSHで接続してみる

こんにちは、インフラエンジニアのryuです。

今回は、SSHの設定方法を解説します。SSHとは、リモートでサーバーを操作するプロトコルです。SSHをLinuxにインストールして、リモートからサーバーを操作しましょう。SSHのインストールから接続まで、設定方法解説します。windowsやLinuxでSSH接続する方法も併せて紹介します。

SSHの設定方法を詳しく解説

SSHの設定方法が分からない!

SSHサーバーを構築して、リモートでサーバーを操作する方法を教えます!

今回の記事では、「SSHの設定方法が分からない!」という初心者の方に向けて、SSHサーバーの構築方法を解説します!

設定の手順は簡単で、3つの手順で構築可能です!

ただし、今回はデフォルトの設定値を使用するため、SSHをインストールした時点で動作確認できます。

それぞれの手順について詳しく解説します!

まず、SSHがどのようなものかを説明します。SSHがどのようなものかを既に知っているという方は、読み飛ばしてください。

SSHとは?

SSHとは、 Secure Shell(セキュアシェル) の略です。

先ほども説明しましたが、サーバーを遠隔で操作するためのプロトコルです。

sshとは、主にUNIXコンピュータで利用される、ネットワークを介して別のコンピュータにログインして操作するためのソフトウェアの一つ。通信経路が暗号化されるため、インターネットなどを経由しても安全にアクセスすることができる。

http://e-words.jp/w/ssh.html

SSHは公開鍵暗号方式を利用して、リモート通信を暗号化しています。SSHを利用することで安全にリモート接続を行うことができます。

サーバーに限らず、ネットワーク機器など遠隔で設定を行うものには良く使われます。

ただ、リモートで操作されるため、パスワードの管理などセキュリティには十分注意しましょう。

では、次にLinuxで実際に構築してみましょう。

SSHをインストールする

SSHを設定する手順を解説します。linuxはDebianを使用しています。

まず、SSHのパッケージをインストールします。以下のコマンドを入力しましょう。

apt-get install ssh

インストールの途中で”yes/no”が聞かれるのでyを入力しましょう。そのままEnterを押しても大丈夫です。インストールすると、以下のように表示されます。

sshインストール

sshd_configの確認

次に設定ファイルを見てみましょう。以下のコマンドを入力します。

vi /etc/ssh/sshd_config

viコマンドでファイルを指定するとき、ssh_configという似た名前のファイルがあるので注意しましょう。/etc/ssh/sshd_configというファイルを編集します。”sshd”のdが付いているファイルです。

認証方法の設定を行います。ユーザ認証や秘密鍵を利用した認証などがあります。今回はユーザ認証で接続を行います。デフォルトで設定されていますが、こちらの設定値で設定されています。

# Authentication:
・・・
#PasswordAuthentication yes →パスワードの認証を許可

ここの設定でユーザの認証を許可しています。正確に言うと”Use PAN yes”も関係していますが、詳しい解説は省略します。

認証するユーザはLinuxのユーザを使用するので、“adduser”コマンドを使用して追加します。

SSHサーバーの再起動

設定ファイルを編集したら、SSHを再起動しましょう。

再起動しないと、更新した設定ファイルが適応されないからです。コマンドは以下の通りです。

/etc/init.d/ssh restart

エラーが出なかったら、正常に動作しています。[NG]と表示されたら、エラーの内容をよく読んで、修正してください。

SSHでPCからサーバーに接続してみよう!

では、PCからリモートでサーバーに接続してみましょう。WindowsとLinuxで接続する場合では方法が違うので、それぞれについて解説します。

WindowsでSSH接続をする場合

SSH接続するには、「TerraTerm」というソフトがおすすめです。以下のサイトよりダウンロードしましょう。無料で使用できます。

https://ja.osdn.net/projects/ttssh2

TerraTermを起動し、↓の画像のようにサーバーのIPアドレスを入力します。

ssh接続説明

次に、セキュリティ警告が出ますが、「続行」をクリックします。

ssh接続2

最後にユーザ名とパスワードを入力して終了です。

ssh接続時のユーザ認証

LinuxでSSH接続する場合

LinuxでSSH接続する場合は以下のようなコマンドで接続できます。

ssh user@192.168.0.1
ssh <ユーザ名>@<ipアドレス>

コマンドを入力すると、ユーザーの入力が求められます。Windows同様、作成しているユーザーを入力すれば完了です。Linuxで接続する場合、コンソール画面の見分けが分からなくなるので、ホスト名を確認するようにしましょう!

SSHの設定方法まとめ

最後にまとめです。

SSHの設定方法は、

  • SSHのインストール
  • 設定ファイルの編集
  • SSHの再起動

この3つの手順です。

今回の記事では、デフォルトの設定を使っているので、設定ファイルを編集しなくても、接続が可能です。

クライアントにTeraTermをインストールして接続してみましょう!

以上で記事を終わります。ここまで読んでいただきありがとうございました。

その他のインフラ知識については、こちらの記事で詳しく解説しています。

また、さらにLinuxについて勉強したい方はこちらの記事がオススメです。

【初心者向け】Linuxの参考書オススメ5選!【分かりやすさ重視】

ABOUT ME
ryu
大手メーカのIT部門でインフラエンジニアやってます。 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、クラウドについて投稿します。 AI、ARも勉強中です! youtubeでも技術ネタを発信していきます。↓のアイコンよりご覧ください!