ITパスポート講座

OSSとは?オープンソースソフトウェアについて詳しく解説します!【ITパスポート講座】

こんにちは、フルスタックエンジニアのryuです。

今回は、OSSについて解説していきます。OSSとはオープンソースソフトウェアの略で、誰でも無料でインストールや改良・再配布ができるソフトウェアのことです。ITパスポートの過去問から分かりやすく解説していきます。

OSSとは?

「OSSって聞いたことあるけど、良く分からない・・・」

OSSとは、誰でも無料でインストールや改良・再配布ができるソフトのことです!

今回の記事では、OSS(オープンソースソフトウェア)について詳しく解説します。OSSはITエンジニアをやっていると、良く出てくる言葉なので、覚えておきましょう!

結論、OSSとは以下の通りです。

OSSとはオープンソースソフトウェアの略で、誰でも無料でインストールや改良・再配布ができるソフトウェアのことです。

イマイチ、ピンとこない・・・

そのような方のために、具体的なOSSを紹介していきます。身近なOSSが分かれば、どのようなものがOSSなのか理解できるようになります!

具体的なOSSを紹介!

OSSが何なのか分からない方のために、身近なOSSを紹介したいと思います。また、今回紹介するのは、ITパスポートに良く出題されるOSSに絞って紹介したいと思います!

身近なOSSは以下の通りです。FireFoxくらいは聞いたことがあると思います。

  • Linux     → OS
  • Thunderbird → メールを送受信するメーラー
  • FireFox → Webブラウザ
  • MySQL  → データベース

これらのものは全て、無料でインストールできるものです。

thunderbird アイコン
ThunderBirdのアイコン
firefox アイコン
FireFoxのアイコン

これらのソフトウェアは無料で試用できるのはもちろん、改良・再配布が可能です。

逆にどのような物がOSSではないのかを理解すると、OSSとそうでないソフトの違いが分かると思います。

OSSではないソフトウェア

逆にOSSでないものも紹介します。ひっかけでITパスポートに出題されるので、覚えておきましょう。

  • Windows 、 iOS   → OS
  • Outlook → メールを送受信するメーラー
  • chrome、edge →  Webブラウザ
  • Access  → データベース

普段使っているものは、OSSでないものが多いと思います。

無料で使用していても、ライセンス規約があり、勝手に改良したり、再配布してはいけないことになっています。

無料で使えるからといって、全てOSSだと思わないようにしましょう。OSSは無料で使えて、改良・再配布ができるソフトウェアと覚えておきましょう。

また、OSSとそうでないものの簡単な見分け方は、Microsoftなどの有名企業が作ったソフトはOSSでないことが多いです。ITパスポートで回答に迷ったら、有名企業が作っていないものはOSSと覚えておきましょう。

OSSのメリット

次にOSSのメリットについて解説します!なぜOSSを使うのでしょうか?それは、メリットがあるからです。OSSのメリットは以下の通りです。

  • 開発コストの削減
  • 汎用性が高い

詳しく解説します!

開発コストの削減

まず、一つ目のメリットは「開発コストの削減」です。OSSで作成されているプログラムを活用すれば、その部分は開発せずに済むからです。

今は様々なOSSがあります。それらを組み合わせてシステムを開発することで、様々な機能を低コストで作成することができます。

ただし、OSSで開発するときは、ライセンスを確認するようにしましょう。

ライセンスの中には、「研究目的なら無償、商用利用であれば有償」という形で使用目的を限定するものもあります。使用前に内容を把握することが大切です。

汎用性が高い

OSSは、誰でも二次利用できるというメリットから、信頼性や安定性に優れた高い品質のものが開発されています。
開発するシステムに合わせてOSSをカスタマイズすることが可能で、汎用性が優れています。


ITポスポートで出題されたOSSの問題を解いてみよう!

では、ITパスポートの過去問を解きながら解説していきます。

ここまで読んでいただいた方にならば、絶対に解けるはずです!

OSSの禁止行為に関する問題

OSS(Open Source Software)を利用した自社の社内システムの開発に関する行為として,適切でないものはどれか。

(ア) 自社でOSSを導入した際のノウハウを生かし,他社のOSS導入作業のサポートを有償で提供した。

(イ) 自社で改造したOSSを,元のOSSのライセンス条件に同業他社での利用禁止を追加してOSSとして公開した。

(ウ) 自社で収集したOSSをDVDに複写して他社向けに販売した。

(エ) 利用したOSSでは期待する性能が得られなかったので,OSSを独自に改造して性能を改善した。

(ITパスポートの過去問ドットコムより)

答えは(イ)になります。

OSSは、使用制限を課すことを禁止しています。誰でも使用できるものがOSSです。

(ア)は”有償で”というキーワードがあり、紛らわしいですが、有償なのは導入サーポート業務です。OSS自体は有償ではないので、間違えないようにしましょう。

OSSのソフトについての問題

OSS(Open Source Software)であるメールソフトはどれか。

(ア) Android (イ) Firefox (ウ) MySQL (エ) Thunderbird

(ITパスポートの過去問ドットコムより)

答えは(エ)のThunderbirdです。

先ほど説明した通りです。ちなみに、AndroidもOSSのOSです。Linuxをベースに作られています。(イ)のFirefoxはWebブラウザーで、(ウ)のMySQLはデーターベースです。

これらは有名なOSSなので、覚えておきましょう。

OSSとは?まとめ

今回の記事はOSSについて解説しました。

OSSのおさらいです。OSSとはオープンソースソフトウェアの略で、誰でも無料でインストールや改良・再配布ができるソフトウェアのことでした。

OSSはいろいろな種類がありますが、ITパスポートに出題されるのは4つくらいです。以外と少ないです。どのようなソフトウェアがあるのか覚えておきましょう。

以上でOSSについての解説を終わります!ありがとうございました。

当ブログでは、このようなIT技術を詳しく解説しているので、興味のある方は是非ご覧ください。

ABOUT ME
ryu
大手メーカのIT部門でインフラエンジニアやってます。 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、クラウドについて投稿します。 AI、ARも勉強中です! youtubeでも技術ネタを発信していきます。↓のアイコンよりご覧ください!