Linux

【初心者向け】Linuxの始め方【勉強方法を詳しく解説】

こんにちは、インフラエンジニアのryuです。

今回は、初心者向けにLinuxの始め方を解説します。Linuxとは、OSの1つでサーバー構築に良く使われます。インフラエンジニアはもちろん、プログラマーなどITに関わる人が知っておくべき内容です。今回は、そのLinuxを勉強する方法を解説します。

Linuxの始め方【勉強方法を詳しく解説】

Linux勉強したいけど、なにから手を付けていいのか分からない・・・

今回の記事では、初心者向けにLinuxの始め方・勉強方法を解説します。初心者の方は下記のようなことで悩むと思います。

  1. Linuxを始めたいけど、どうすればよいのか分からない
  2. Linuxの使い方が分からない。
  3. Linuxの勉強で挫折した。

私自身もLinuxを始めた頃は、このような内容で悩んでいました・・・

私と同じような悩みを抱えたLinux初心者の方に向けて、現役エンジニアの私がLinuxの始め方を詳しく解説します。

エンジニア歴6年で、現役フルスタックエンジニアとしてLinuxでサーバー構築をしています。Linuxを習得すると、AWSやAzureといったクラウド技術も理解できるようになります。

では、記事の内容に移りましょう。今回の記事の内容は以下の通りです。

  • Linuxを学習する目的は?
  • 目標設定
  • Linuxの学習手順

Linuxを勉強する目的は?

Linuxを始める前に、Linuxを学習する目的を明確にしましょう。なぜなら、目的によって勉強する内容が変わるからです。例えば、

  • インフラエンジニアをめざしてLinuxを勉強したい
  • プログラマーだけど、サーバー関連の知識も知っておきた

インフラエンジニアを目指す方であれば、サーバー全般の知識はもちろんネットワークやセキュリティの内容も知る必要があります。プログラマーの方であれば、Webサーバーとその周辺技術を知る必要があります。

このように、Linuxを勉強するにあたって、ゴールが違えば、勉強内容も変わります。まずは、何のためにLinuxを学習するのかを決めましょう。

Linuxの勉強方法解説

先ほどは、Linuxを勉強する目的についてお話しました。目的によって勉強内容が変わりますが、基礎の部分はLinuxを操作する上で理解する必要があります。

今回は、Linuxの基礎の部分の勉強方法を解説します。具体的な手順はこちらです。

  1. Linuxのインストール
  2. Linuxのコマンドを覚える
  3. 主要なサーバーを構築する
  4. Linuxの理論を学ぶ

まずは、Linuxのインストール方法を勉強しましょう。クラウドやDocker、WSLといった技術を使うとLinuxのインストールが簡単にできます。

インフラエンジニアを目指す方は、Diskから1からインストールする方法を知っておきましょう。具体的な手順は下記の記事で紹介しております。

Linuxのインストールができたら、Linuxを操作してみましょう。Linuxは基本的にコマンドで操作します。基礎的なコマンドは知っておく必要があります。コマンドの使い方は下記の記事で紹介しています。操作したい内容をググっても大丈夫です。

簡単なコマンドが入力できるようになったら、サーバーの構築を行ってみましょう。初心者の方はDNS、Webサーバーの2種類の構築ができたらOKです!構築手順は下記の記事で紹介しております。

Linuxの理論を勉強する方法

先ほどまでは、Linuxのインストールからサーバーの構築方法の手順を解説しました。何となく操作ができるようになったら理論を学びましょう!

こちらは目的によって勉強内容が変わります。下記の通りです。

  • インフラエンジニア→LPICで勉強
  • プログラマーなど→ITパスポートや基本情報

それぞれについて詳しく説明します。

LPICでLinuxの理論を勉強する

LPICとはLinuxの資格試験のことです。詳細は下記の通りです。

LPICとは、Linux技術者認定を中立公正な立場で行うための非営利団体 (NPO) であるLinux Professional Institute (LPI) によって運営されているLinux技術者の技術者認定資格の名称。

(wikipediaより)

LPICは、Linuxの内容を網羅的に学ぶことができます。Level1からLevel3まであるので順番に取得することをオススメします。

インフラエンジニアを目指す方であれば、LPICの内容は知っていて当然だと思います。LPICはLinuxの中身を学習するためには、ちょうど良い資格試験なので、ぜひ挑戦してみてください。

LPICはこちらの参考書から勉強することができます。

ITパスポートや基本情報でサーバー関連の知識を習得する

インフラエンジニアの方はLPICを勉強すると良いですが、その他の方はITパスポートや基本情報技術者試験がオススメです。

なぜなら、サーバー以外の周辺技術もまとめて習得できるからです。ITパスポートは国家試験の1つです。出題される範囲もITに関連していることなので、とにかく広いです。

プログラマーやIT初心者の方は、Linuxの理論を深く勉強するよりも、インフラの知識を広く浅く勉強した方が良いです。そのためにITパスポートや基本情報技術者試験はちょどよい資格試験です。ITパスポートの勉強方法については、こちらの記事を参考にしてください。

初心者がITパスポートに合格するまでの最短方法を解説【実体験】 こんにちは、インフラエンジニアのryuです。 今回の記事では初心者がITパスポートに合格する方法を解説していきた...

Linuxを勉強するメリット

先ほどまでは、Linuxの始め方・勉強方法を詳しく解説しました。ここからはLinuxを勉強するメリットをご紹介します。

メリットを知っておくと勉強するやる気が上がるので、ぜひ参考にしてください。

メリット①.Linuxは需要が安定して、収入も良い

Linuxの学習するメリットの1つ目として、Linuxは需要が安定して、収入も良いという点です。

以下の画像をご覧ください。

Linux転職

こちらは転職サイトの一例ですが、月に70万以上からの求人があります。

Linuxは、システムの基盤となる部分です。システムを稼働させるためには、Linuxを使えるエンジニアが必ず必要になります。

プログラミングは言語など時代により変化しますが、Linuxは安定して需要があるスキルです。

転職サイトを見て、どのくらいLinuxの需要があるか確認してみましょう。

フリーランスエンジニアに安定稼働案件を豊富に紹介【Freeto】

メリット②.他の分野への応用が利く

学習のメリットの2つ目としては、他の分野への応用が利くということです。

Linuxを勉強すれば、セキュリティ、クラウド、プログラミングの分野も同時に習得可能です。

なぜなら、Linuxはシステムの基盤となる部分だからです。システム全体のことを考えながら構築する必要があります。

これは、実際にLinuxを勉強した後に実感すると思います。

プログラミングを挫折した人も、Linuxを勉強した後にもう一度学習し直すとスムーズに学習できると思います。(私の実体験です。)

Linuxの始め方まとめ

今回の記事では、Linuxの始め方や勉強方法について詳しく解説しました。

初心者の方にとってLinuxはとにかく難しです。私自身、2年くらい勉強してようやく操作ができるようになりました。

独学でLinuxが難しい方はスクールに通うことがオススメです。私は会社の研修で基礎部分を習得しましたが、研修が無い方や独学の方には教えてくれる人が必要だと思います。

オススメのスクールはこちらのリナックスアカデミーです。

コース内容も下記の通り実践的です。

Linuxアカデミー演習コース

様々なコースがあるので、自分に合ったコースを見つけましょう。まずは無料カウンセリングから!

ITエンジニア専門スクール「リナックスアカデミー」の個別カウンセリング申込み

ABOUT ME
ryu
大手メーカのIT部門でインフラエンジニアやってます。 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、クラウドについて投稿します。 AI、ARも勉強中です! youtubeでも技術ネタを発信していきます。↓のアイコンよりご覧ください!