Linux

Linuxの自己学習はどうやってやればいいの?現役のエンジニアが解説

こんにちは、フルスタックエンジニアのryuです。

今回の記事では、Linuxの自己学習はどうやってやれば良いのかについて解説をします。Linuxは自己学習が難しいです。特に、Linux初心者の場合は、自己学習をしようとしても何からやっていいのか分からないと思います。そんなLinux初心者の方のために、Linuxの自己学習の方法を詳しく解説します。

関連【おすすめ】コマンドを打ちながらLinuxが学べるサイトInfraAcademy

サーバー構築を実践で身につけるInfraAcademy

※本ページには、プロモーション・アフィリエイトリンクが含まれています

Linuxの自己学習はどうやってやればいいの?

学習の目標を決める

まずは、Linuxを学習する目標を決めましょう。

参考として以下のようなものがあります。

  • インフラエンジニアとして転職したい
  • LPICや基本情報などの資格を取得したい
  • Linuxを実務で使えるようになりたい

まずは、自分の目標を決めて、Linux学習の方向性を決めます。

Linuxの基礎を学習する

次にLinuxの基礎を学習しましょう。

インフラエンジニアへの転職や資格試験の取得を目標にしても、Linuxの基礎の学習は絶対に必要です。

Linuxの基礎を学習するなら、以下のサイトがおすすめです。

実践しながらLinux・ネットワークが学べるInfraAcademy

学習を継続する

Linuxの学習を始めたら、継続することが重要です。

初心者の方から、ある程度Linuxが使えるようになるには、3ヶ月程度は必要です。毎日学習をする必要はありませんが、週に2〜3回は学習を継続することをおすすめします。

もちろん、毎日学習をすることが上達への近道です。

Linuxの自己学習の重要性

LinuxはIT業界でますます重要性を増しており、その知識を持つことは自身のキャリアに大きなアドバンテージをもたらします。

インフラエンジニアはもちろん、クラウドやセキュリティを考える上でもLinuxは必要となります。また、Webアプリを開発する場合でも、開発環境にLinuxを使うことも多いでしょう。

ITのエンジニアを目指す方は、Linuxを使う場面が多いので、学習しておく必要があるでしょう。

なぜLinuxの自己学習で挫折してしまうのか

難解な教材が多い

Linuxの自己学習で挫折してしまう理由の1つが、難解な参考書を選ぶからです。

Linuxの参考書は、初心者向けといいつつ難解なものが多いです。最初から、仮想環境の構築など難易度の高いものが参考書の最初にあり、挫折してしまうことがあります。

エラーが解決できない

Linuxの自己学習で挫折してしまう理由の1つが、エラーが解決できないからです。

Linuxのコマンドを入力して、エラーがあると英語でエラーが出力されます。初心者の方の場合は、このエラーが出てもどのように対処して良いか分からず、学習が進まなくなります。

特に古い参考書の場合、OSのバージョンが変わったりしてエラーが出やすくなります。

Linuxの自己学習で挫折しないようにするには

Linuxの自己学習で挫折しないようにするには、わかりやすい参考書かつ、エラーが起きた際のサポートがあると良いでしょう。

この2つを満たしているのがInfraAcademyというインフラの学習サービスです。

InfraAcademyの特徴は以下の通り。

  • シュミレーターや仮想環境を用いて実践重視の教材
  • わかりやすい内容でLinuxが体系的に学習できる
  • LINEやZoomで現役エンジニアに直接質問できる

価格も月額2,480円と参考書を買うよりも安い値段です。一部無料で試すことができるので、興味のある方は、こちらからお試しください。

InfraAcademyを無料でお試し

ABOUT ME
ryu
大手メーカのIT部門→上場ベンチャーでフルスタックエンジニアやってます。エンジニア歴は8年目。 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、クラウドについて投稿します。 AI、ARも勉強中です! youtubeでも技術ネタを発信していきます。↓のアイコンよりご覧ください!
RELATED POST