ITパスポート講座

ルーティングとは?【どうやってPCは違うネットワークに通信しているのか】

こんにちは、インフラエンジニアのryuです。

今回は、ルーティングとは何なのか、初心者の方に分かりやすく解説します。ルーティングとは、通信するデータを相手まで適切に送る制御のことです。ルーターと呼ばれるネットワーク機器が制御をしています。どうやってルーティングをしているのか、具体的に解説します。

ルーティングとは?

ルーティングって何ですか?

ルーティングとは、相手先までデータを適切に送る制御のことです!

今回の記事では、ルーティングについて解説します。

ルーティングとは、相手先までデータを適切に送る制御のことです。例えば、自分のPCからGoogleのサーバーにアクセスしたいときに、日本からアメリカまで、データーを適切に送ることです。

ルーティングが良く分からないという方のために、具体的に解説します!

ルーティングは郵便のイメージ

まず、ルーティングは郵便のイメージを持つと分かりやすいです。

なぜ郵便・・・?

PC同士のデーターのやり取りと手紙のやり取りは似ているからです!

例えば、東京から大阪まで手紙を送ることを想定します。手紙を送るときは、相手の住所を書いて郵便ポストに手紙を入れます。そうすると、郵便屋さんが手紙を大阪まで届けて、地域の配達員が大阪の家まで送ってくれます。

このようなイメージです。

郵便屋さんは相手の住所を見て大阪に届けたり、北海道に届けたりします。つまり、相手の宛先を見て送り先を制御しています。

ルーティングも相手の宛先を見て、送る先を制御しています。

ルーターがルーティングをしている

先ほどは、郵便に例えてルーティングを説明しました。

実際のルーティングは、ルーターが実施しています。(L3スイッチなどルーティングの機能を持ったネットワーク機器でも可能)

イメージは以下の通りです。ルーターが宛先のネットワークにデータを振り分けています。

では、ルーターはどのようにデータを制御しているのでしょうか?ルーターの処理を具体的に解説します!

ルーターはどうやってルーティングをしているのか?

ルーターはどうやってルーティングをしているんでしょうか?

ルーティングテーブルに則ってデータを制御しています。

ここからは、ルーターがどうやってルーティングをしているのかを解説します。

ルーターはルーティングテーブルでデータの制御をしています。

このルーティングテーブルがどうのような物なのか見ていきます。

ルーティングテーブルとは?

ルーティングテーブルとは、ネットワークと送り先が書かれた表のことです。

具体的には、ネットワーク1の宛先の場合はルーター1に送る、ネットワーク2の宛先の場合はルーター2に送る、といった内容が書かれています。

ルーターはこのルーティングテーブルを見て、データの制御を行っています。

このようなイメージです。

ちなみに、不明なネットワークの場合に送る先のことをデフォルトゲートウェイと言います。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ルーティングテーブルを見てみよう!

次に実際にルーティングテーブルを見てみましょう。

Ciscoのルーターを持っている方は、下記のコマンドでルーティングテーブルを表示することができます。

show ip route

コマンドを入力すると以下のように表示されます。

ルーティングテーブル

Destinationが宛先のネットワークで、Next Hopが次に送る先のIPアドレスです。例えば、「172.16.172/25」のネットワークの場合、「172.16.178.21」に送るといった制御をします。

「0.0.0.0/0」のネットワークがデフォルトゲートウェイです。ここのルーティングテーブルに乗っていないネットワークが宛先の場合、デフォルトゲートウェイである「172.16.178.114」にデータを送ります。

以上でルーティングについての解説を終わります。

さらにネットワークを詳しく勉強したい方はこちら↓

About me
大手メーカのIT部門→上場ベンチャーでフルスタックエンジニアやってます。エンジニア歴は8年目。 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、クラウドについて投稿します。 AI、ARも勉強中です! youtubeでも技術ネタを発信していきます。↓のアイコンよりご覧ください!

UdemyでIT講座をチェック!

  • セールだと1500円前後!
  • 無料サンプル講義動画・無料講義動画あり!
  • 気に入らなければ30日間返金保証!