Microsoft Teams

Teamsが勝手に起動してしまう場合の対処方法【自動起動を無効化しよう】

こんにちは、インフラエンジニアのryuです。

今回は、TeamsがPC起動時に勝手に起動してしまう場合の対処方法を解説します。Teamsアプリをインストールしたデフォルトの状態の場合、自動起動の設定が有効になっています。Teamsの自動起動を無効化する方法を解説します。

Teamsが勝手に起動してしまう場合の対処方法

PCを起動させるとTeamsが勝手に起動して鬱陶しい・・・

このように思っている方のために、Teamsが自動起動しない方法を2つ紹介します!

Teamsの自動起動を無効化する方法2パターン

自動起動を無効化する方法は以下の通りです。

  • Windowsの機能で自動起動を無効化
  • Teamsの設定で自動起動を無効化

では、それぞれの方法を詳しく解説します。

今回の記事の内容は公式ドキュメントを参考にしています。

Windowsの機能でTeams自動起動を無効化する方法

まず、Windowsの機能でTeamsの自動起動を無効化させる方法です。

手順①.スタートメニューから設定画面を表示

まず、スタートメニューから設定画面を表示させます。

画面左下のWindowsマークをクリックします。そして、歯車マークの設定をクリックします。

以下の画像の部分をクリックします。

Windowsの機能でTeamsの自動起動を無効化させる

手順②.アプリのスタートアップの設定を無効化

次に、アプリのスタートアップの設定を無効化します。

設定の中から、アプリをクリックします。

アプリのスタートアップの設定

次に、画面左のメニューからスタートアップをクリックします。

スタートアップアプリの一覧が常時されるので、Microsoft Teamsをオフにしましょう。

ここの部分では、その他のアプリも含めて設定することができます。オフにすれば、Windows起動時にアプリの自動起動が無効化されます。

余計なアプリが起動すると、メモリを食うだけなのでオフにしておきましょう。

Teamsの設定で自動起動を無効化する方法

次に、Teamsの設定で自動起動を無効化する方法を解説します。

手順①.Teamsアプリで設定画面を表示

まず、Teamsアプリを起動します。

画面右上のアイコンをクリックし、設定をクリックします

手順②.アプリケーションの自動起動のチェックを外す

次に、アプリケーションの自動起動のチェックを外します

Teamsの自動起動のチェックを外す

これで設定完了です。

Teamsが勝手に起動してしまう場合まとめ

最後にまとめです。

Teamsが勝手に起動してしまう場合は下記の2つのどちらか1つを実施しましょう。

  • Windowsの機能で自動起動を無効化
  • Teamsの設定で自動起動を無効化

在宅ワークでTeamsを使う人が増えてきました。Teamsの機能で分からない部分があれば、公式サイトで調べてみましょう。

https://products.office.com/ja-jp/microsoft-teams/group-chat-software

以上で解説を終わります。ありがとうございました。

ABOUT ME
ryu
大手メーカのIT部門でインフラエンジニアやってます。 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、クラウドについて投稿します。 AI、ARも勉強中です! youtubeでも技術ネタを発信していきます。↓のアイコンよりご覧ください!