Microsoft Teams

【Teams】改行できない場合の解決方法【Shift+Enterで改行】

こんにちは、インフラエンジニアのryuです。

今回は、MicorsoftのTeamsで改行する方法を解説します。Teamsを使っている方で、改行のつもりでEnterを押して、メッセージを誤送した経験があると思います。今回は、Teamsで改行できない場合の解決方法を2パターン紹介します。

【Teams】改行できない場合の解決方法

改行のつもりが、Enterを押したらそのまま送信してしまった。。。

Teamsを使っている方で、Enterを押してメッセージを誤送した経験のある方は多いと思います。

そのような方のために、Teamsで改行する方法を2つ紹介します。

改行する方法を2つ紹介

Teamsで改行する方法は以下の2つです。

Teamsで改行する方法
  • [書式]を使用して改行
  • ショートカットキーを設定して改行(Shift + Enter)

この2つです。

操作方法と設定方法を詳しく解説します。

Teamsの[書式]を使用して改行する

まず、1つ目の方法はTeamsの[書式]を使用して改行する方法です。

書式の使用方法

[書式]は以下のマークをクリックして使用します。

Teamsの書式を使用して改行する

この機能を使用すれば、Wordのように文字を入力することができます。

改行する際も[Enter]を押して改行することができます。

ただし、メッセージを送信する際は、[Enter]ではなく送信ボタンを押しましょう。

[書式]の機能はデフォルトで使用できます。Teamsの追加設定がめんどくさい方は、この方法が一番良いと思います。

Enterでメッセージを送信しないので、内容を確認する余裕が生まれます。癖でEnterを押して、メッセージを誤送する失敗が無くなります。

Teamsのショートカットキーを使用して改行

2つ目の方法はTeamsのショートカットキーを設定して改行する方法です。

ショートカットを使い慣れた人ならば、作業効率が上がると思います。

改行のショートカットキーは「Shift + Enter」です

ショートカットの確認

まず、画面右上のアイコンを選択します。そして、「キーボードショートカット」をクリックします。

Teamsのキーボードショートカットの設定

Teamsの中で使用できるショートカットキーの一覧が表示されます。改行については、こちらで確認ができます。

Shift + Enterで改行する

その他のショートカットキーについては、Microsoftの公式ドキュメントを確認してください。

Teamsの改行方法まとめ

最後にまとめです。

Teamsで改行する方法は以下の2パターンです。

  • [書式]モードで文章を編集する
  • Shift + Enterのショートカットキーを使う

Teamsを使いこなしましょう

最近では、TeamsやSlackなどのコミュニケーションツールを導入する企業が増えています。

これらのツールは、多くの機能がありますが、使いこなせる人は少ないです。さらにおじさん世代には厳しいと思います。

これらのコミュニケーションツールは他のアプリと連携するなど、様々な機能があるので調べてましょう。

ABOUT ME
ryu
大手メーカのIT部門でインフラエンジニアやってます。 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、クラウドについて投稿します。 AI、ARも勉強中です! youtubeでも技術ネタを発信していきます。↓のアイコンよりご覧ください!