AzureActiveDirectory

Teamsの導入方法解説!【AzureADユーザーを使ってログインしよう】

こんにちは、インフラエンジニアのryuです。

今回は、Microsoftの製品Teamsの使い方を解説します。第1回目としてTeamsを導入する方法を解説します。Teamsとはチャットや会議ができるコミュニケーションツールです。仕事を円滑に進めるためにTeamsを導入しましょう。

Teamsの導入方法解説!

Teamsとはチャットや会議ができるコミュニケーションツールです。 現在、コミュニケーションツールで代表的なものは「Slack」があります。

最近は、MicrosoftのTeamsを使用しているところも多いので、使い方を解説していきます。

↓Teamsの公式サイト

https://products.office.com/ja-jp/microsoft-teams/group-chat-software

Teamsの公式サイト

AzureADのユーザーを使ってTeamsを導入しよう

Teamsの導入方法は2種類あります。

  1. Office 365のライセンスを購入する
  2. AzureADのユーザーを使用する

導入方法として、一般的なものは「Office365」のライセンスを使用することです。会社で導入する際は、ExcelやPowerpointを使用するためOffice365のライセンスを購入します。

しかし、個人でTeamsを使用する場合、購入する費用が発生します。費用を少しでも押さえたい方は、AzureADのユーザーを使ってTeamsを使用することをお勧めします。

今回は、AzureADのユーザーを使ってTeamsを導入する方法を解説します。

ライセンスを購入してTeamsを導入する方は、こちらの記事を参考にしてください。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoftteams/office-365-licensing

AzureADユーザの作成方法

まず、AzureADとは「AzureActiveDirectory」の略で、Azureのユーザ管理を行うものです。

Azureとは、Microsoftのクラウドサービスです。クラウド上でユーザの管理を行います。

まず、Azureを使用したことの無い方は、Azureのアカウントを作成しましょう。アカウントの作成方法は、こちらの記事を参考にしてください。

Azureで初期登録をした場合、1か月間は無料で使用できます。1が月を過ぎても、Teamsを利用するだけなら、ほとんど課金されないので、実質無料で使用できます。

次にAzureのアカウントが作成できたら、AzureADのユーザーを作成します。

AzureADのユーザーの作成方法は、こちらの記事を参考にしてください。

ユーザーの作成が完了したら、Teamsの導入準備は完了です。

Teamsにアクセスしてみよう!

準備が完了したら、Teamsにアクセスしてみましょう。

下記の公式ホームページより、サインインをクリックします。

https://products.office.com/ja-jp/microsoft-teams/group-chat-software

そして、先ほど作成したAzureADのユーザーでサインインします。

Teamsへサインイン

サインインが成功すると、Teamの画面が表示されます。初めてログインする場合は、「組織の追加」というボタンが表示されるので、クリックして進めます。

ログインが成功すると、以下のような画面が出ます。

Teamsログイン画面

以上で、Teamsの導入方法の解説を終了します。

AzureADのユーザーを複数作成すると、そのユーザー同士で会話をすることができます。

Azureでシステム開発する際は、ぜひTeamsを使ってみましょう!

About me
大手メーカのIT部門→上場ベンチャーでフルスタックエンジニアやってます。エンジニア歴は8年目。 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、クラウドについて投稿します。 AI、ARも勉強中です! youtubeでも技術ネタを発信していきます。↓のアイコンよりご覧ください!

UdemyでIT講座をチェック!

  • セールだと1500円前後!
  • 無料サンプル講義動画・無料講義動画あり!
  • 気に入らなければ30日間返金保証!