Microsoft Azure

【Azure】PowerShellからAzureにWebAppsを作成しよう!

こんにちは、インフラエンジニアのryuです。

今回は、PowerShellからAzureにWebAppsを作成する方法を解説します。ローカルPCのPowerShellからAzureを操作するためには、Azure PowerShellモジュールのインストールが必要です。PowerShellからAzureを操作する第一歩として、WebAppsの作成方法を詳しく解説します。

PowerShellからAzureにWebAppsを作成しよう!

この記事で解説する内容は以下の通りです。

今回の記事の内容
  1. Azure PowerShell モジュールのインストール
  2. PowerShellからAzureにサインイン
  3. WebAppsをPowerShellのコマンドで作成する

この3つの手順を詳しく解説します。

ちなみに、Azure上のCLIを使用すると、既にAzureのモジュールがインストールされています。

時間が無い方は、AzureのCLIを使用して、後半部分のWebAppsをPowerShellのコマンドで作成する方法だけをご覧ください。

では、早速解説します!

Azure PowerShell モジュールのインストール

PowerShellからAzureを操作するためには、モジュールのインストールが必要です。

まず、PowerShellを管理者権限で起動します。

そして、以下のコマンドを入力します。

Install-Module -Name Az -AllowClobber

コマンドを入力すると、モジュールのインストールが開始されます。

モジュールは信頼されていないリポジトリからインストールしようとします。「はい」もしくは「すべて続行」で続けます。

モジュールを最新版に更新する

モジュールのインストールが完了したら、モジュールを最新版に更新しましょう。(初めてインストールした方は、最新版を取得するので特に必要ありません。)

以下のコマンドで、更新できます。

Upate-Module -Name Az

これでPowerShellにAzureのモジュールのインストールが完了しました。次はAzureとPowerShellを接続して、Azureを操作できるようにします。

PowerShellからAzureにサインイン

モジュールをインストールできたら、PowerShellからAzureにサインインをしましょう

もちろんAzureを操作するので、Azureの資格情報が必要です。そのためにサインインを行います。

PowershellからAzureにサインインするコマンド

PowershellからAzureにサインインするコマンドは以下の通りです。

Connect-AzAccount

このコマンドを入力すると、Azureのサインイン画面が表示されます。自分のAzureアカウントを入力しましょう。

Azureのアカウントを作成していない人は、こちらの記事を参考にアカウントを作成しましょう。

コマンドを入力すると、このようになります。

Azureにサインイン

コマンドの詳細については、Microsoftの公式ドキュメントをご確認下さい。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/azure/install-az-ps?view=azps-3.7.0

WebAppsをPowerShellのコマンドで作成する

PowerShellからAzureにサインインできたら、最後にWebAppsを作成しましょう。

WebAppsを作成するために必要なことは以下の3つです。

  • リソースグループの作成
  • AppServicePlanの作成
  • WebAppsの作成

それぞれをPowerShellで作成していきます。コマンドを詳しく解説します!

リソースグループの作成

リソースグループを作成するコマンドはこちらです。

New-AzResourceGroup -Name myResourceGroup -Location "West Europe"

New-AzResourceGroup」というコマンドでリソースグループを作成します。

-Name」でリソースグループの名前を設定します。

「-Location 」はリソースグループを作成するデータセンターの場所になります。

AzureリソースグループをPowerShellで作成

AppServicePlanの作成

次に「AppServicePlan」の作成です

AppServicePlanは以下のコマンドを入力して作成します。

New-AzAppServicePlan -Name AppServicePlanTest1234 -Location "West Europe" -ResourceGroupName myResourceGroup -Tier Free

New-AzAppServicePlan」でAppServicePlanを作成します。

-Name」はAppServicePlanの名前です。

-Location」はAppServicePlanを作成するデータセンターの場所になります。リソースグループと同じ場所にしてあります。

-ResourceGroup」は先ほど作成したResourceGroupの名前を指定します。指定したリソースグループの中にAppServicePlanが作成されます。

-Tier」はAppSerciePlanのプランです。今回は無料のFreeを選択しています。StandardやPremiumがありますが、お金が掛かります。

WebAppsの作成

最後にWebAppsを作成します

WebAppsを作成するコマンドはこちらになります。

New-AzWebApp -Name TestWebApps153424 -Location "West Europe" -AppServicePlan AppServicePlanTest1234  -ResourceGroupName myResourceGroup

New-AzWebApp」はWebAppsを作成するコマンド

-Name」はWebAppsの名前

-Location」はWebAppsを作成するデータセンターの場所になります。リソースグループと同じ場所にしてあります。

-AppServicePlan」は先ほど作成したAppServicePlanの名前を指定します。

-ResourceGroup」は先ほど作成したResourceGroupの名前を指定します。指定したリソースグループの中にWebAppsが作成されます。

PowerShellでWebAppsの作成

これで、PowerShellからWebAppsの作成が完了です。

PowerShellからAzureのリソースを操作してみよう!

PowerShellからWebAppsを操作することが可能です。

Micorosoftの公式ドキュメントにコマンドが記載されているので、操作したい内容を調べてみましょう。↓公式ドキュメント

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/module/az.websites/?view=azps-3.7.0#app_service

また、操作のサンプルもあるので、参考にしてください。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/app-service/samples-powershell?toc=%2Fpowershell%2Fazure%2Ftoc.json

PowerShellでスクリプトを作成して、操作を自動化させましょう!

以上で解説を終わります。

ABOUT ME
ryu
大手メーカのIT部門でインフラエンジニアやってます。 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、クラウドについて投稿します。 AI、ARも勉強中です! youtubeでも技術ネタを発信していきます。↓のアイコンよりご覧ください!