インフラエンジニアの仕事

インフラエンジニアが体調不良に陥りやすい理由を解説

こんにちは、インフラエンジニアのryuです。

今回の記事ではインフラエンジニアが体調不良に陥りやすい理由を実体験を基に解説していこうと思います。

現在私は、大手ユーザ企業でシステム開発部門に所属し、インフラの構築を行っています。ちょうど先週、風邪を引いて体調を崩してしましました。そういえば、インフラエンジニアって体調崩す人多いな~と思いこの記事を書きます。

インフラエンジニアが体調不良に陥りやすい理由は?

体調不良と言っても、1日で治るような風邪や、メンタルをやられて1年くらい休職する人など様々な問題があります。私はインフラエンジニアを3年くらいやっていますが、職場はコロコロ変わっております。しかし、どの職場にも共通して、1年に1人くらいはメンタル疾患で会社を辞めたり、休職したりしています。

では、世間一般ではどのくらいのメンタル不良者が出ているのでしょうか。

平成29年度は400万人だそうです。(厚生労働省HPより)

多いですね。なので、自分がメンタル疾患にかからないように、体調不良の原因を探っていこうと思います。

理由1.夜勤がある

まず、1つ目の理由は、夜勤による生活習慣の乱れだと思います。運用・保守の業務を行う人はシステムにもよりますが、24Hシステムを見守らなければなりません。3交代で仕事をローテーションすると栄養のある食事や運動をしても体調不良になる確率が高まります。

夜勤のときは、普通に睡眠するのではなく、睡眠の方法を考えないといけないですね。私はネットで調べたり、本を読んで勉強しました。

体調不良はイライラのもと 夜勤ある人も睡眠を整えよう

理由2.食生活が乱れてくる

理由の2つ目は食生活が乱れることです。なぜなら3食コンビニorインスタント食品ばっかり食べているからです。朝食は作る時間がないからコンビニのおにぎり→昼食はコンビニのお弁当orカップラーメン→夕食は仕事をしているからなし→残業後、深夜にコンビニ弁当というローテーションをしている人が多いです(私の周りだけかもしれませんが。)

誰が見ても体調を壊しますね。せめて、主食+主菜+副菜は取りたいものです。しかし、コンビニでそれらをそろえようとすると1000円くらい値段がかかりそうです。(泣)

体調不良にならないように栄養のある食事

理由3.システムエラーや開発期限などのストレス

理由の3つ目はシステムエラーや開発期限などの外的ストレスによるものですね。やはりストレスは多いと思います。システムでエラーが起こると早く復旧させろ!という指示が飛んでくるのでストレスたまりますね。また、開発する部隊に移ったとしても、いつまでにこの機能を作ってくれと言われ、期日に追われながら仕事をする必要があります。ストレスが多ければその分体調を崩す確率も増えます。あと、職場によっては人間関係のストレスとかもありそうですね。幸い私のチームは人間関係良好なので、そこについてはストレスはたまりません。

インフラエンジニアの仕事はきつい?

今までは、デメリットの部分だけ書いていきました。このようなデメリットだけを書くとインフラエンジニアの仕事はきついと思われるかもしれません。しかしそんなことはないと思います。決して楽な仕事ではないですが、やりがいもありますし、収入もそこそこ良いですし、割と自由に仕事ができます。デメリットよりも良い部分が勝っているので現在の仕事を続けています。あと、職場の環境に依存する場合もあると思います。私の会社では、サービス残業などブラック企業の要素は全くないので、それも働きやすい理由の一つになります。インフラエンジニアがきついかどうかはその職場に行かないと分からない部分が多いと思います。

さいごに

今回の記事では、インフラエンジニアが体調不良に陥りやすい理由を解説していきました。やはり、体調不良になる理由はいくつかありますが、しっかりと予防や対策を打って体調不良にならないようにしましょう。

ABOUT ME
ryu
大手メーカのIT部門でインフラエンジニアやってます。 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、クラウドについて投稿します。 AI、ARも勉強中です! youtubeでも技術ネタを発信していきます。↓のアイコンよりご覧ください!