インフラエンジニアの仕事

Linuxを使えるエンジニアの年収はいくら?Linuxが使えると儲かるのか?

PC

こんにちは、フルスタックエンジニアのryuです。

Linuxが使えるエンジニアの年収はいくら?

今回の記事は、Linuxが使えるエンジニアの年収について解説します。Linuxが使えるエンジニアは、インフラをメインで仕事をする方はもちろん、Web系エンジニアでもLinuxが使える方など多岐にわたります。

今回は、Linuxが使える方に焦点を当てて、その方の年収について解説したいと思います。私自身、インフラエンジニアからWeb系のフルスタックエンジニアなど幅広く活動している経験から説明します。

こんな人におすすめ
  • Linuxが使えるエンジニアの年収が知りたい
  • Linuxが使えると儲かるの?

Linuxが使える人の年収とは?

Linuxが使える人の年収ざっくり以下通りです。

  • 初心者レベル 300万~450万
  • インフラエンジニア 400万~700万
  • クラウドエンジニア 500万~
  • フルスタックエンジニア 600万~

Linuxが使える人とは、インフラエンジニアに限らず様々です。現在のWeb開発においても、Linuxの知識が必要になります。

各エンジニアのレベルや仕事内容に合わせて、年収もバラバラになるので、さらに詳しく解説します。

初心者レベル 300万~450万

Linuxを始めたばかりの方の年収は300万円~450万円です。これは、スキルで年収が決まるというよりは会社の規模によって年収が変わります。

つまり、初心者レベルで年収が高い人は、年収が高い会社に所属している人が多いです。

初心者レベルでは、サーバーの運用保守など、決められた手順書通りに実施できる仕事が多いと思います。自走できるレベルになると、さらに年収は上がっていくはずです。

Linuxについてさらに勉強したい方は、こちらを参考にしてください。

・参考記事:Linux入門講座一覧

インフラエンジニア 400万~700万

インフラエンジニアは、システムのインフラを設計・構築・運用する人です。ある程度のLinuxの知識が必要です。インフラエンジニアとして、仕事をするためには、2~3年は必要です。(個人差ありますが。)

このレベルになると、自分のスキルや仕事の内容で年収が変わります。運用や保守は400万円~ですが、インフラの設計など上流工程ができる人はさらに年収が上がる傾向です。

クラウドエンジニア 500万~

クラウドエンジニアは、AWSやAzureなどクラウドでシステムを構築できる人です。最近のシステムはクラウドで構築することが多いので、需要がとてもあり、年収も高い傾向にあります。

Linuxができることはもちろん、AWSやAzureなど、さまざまなサービスの知識が必要です。た、コンテナを使ってシステム開発するので、DockerやKubernetesなどもできるとさらに年収は上がります。

当ブログでも、AWSやAzureについて解説しているので、興味のある方はぜひご覧ください。

フルスタックエンジニア 600万~

フルスタックエンジニアは、インフラはもちろんバックエンドやフロントエンドなど幅広い技術を持ったエンジニアです。幅広い技術なので、年収もかなり高めです。

クラウドエンジニア同様、需要が高く、さらに人材が不足しているため年収を高くしたい人はフルスタックエンジニアを目指しましょう!

Linuxで年収を上げたい方におすすめ

もっと年収を上げたいよ!

Linuxで年収を上げたい方は、転職や副業がおすすめです。転職や副業におすすめなのが「レバテックフリーランス」です。

案件数
単価
サポート
短期案件
リモート案件

レバテックフリーランスは業界最大級かつトップクラスの高単価報酬案件を扱っています。副業や転職をするなら、まず初めに登録すべきサイトです。

レバテックフリーランスとは?

『レバテックフリーランス』はフリーランスエンジニアにWeb系を中心とした案件情報をご提案しています。
Web業界・技術に精通した専門のコーディネーターが、案件への参画前から参画後までのご提案やキャリアに関するご相談などのサポートを提供しています。

特徴は以下の通り。

  • 業界最大級の案件を保有。
  • 業界トップクラスの高単価報酬、低マージン。
  • コーディネータの実績、丁寧な対応。

Linuxの案件を探したい方におすすめ

このような方にレバテックフリーランスはおすすめです。

  • 案件紹介サイト選びに悩んでいる方
  • 豊富な案件の中から自分に合った高単価報酬の仕事を見つけたいという方
  • 業界最大手の充実したサービスを受けたいという方

案件を詳しく見てみたい方は、こちらからどうぞ!

レバテックフリーランスの詳細を見る

Linuxを使えるエンジニアの年収まとめ

Linuxが使える人の年収について解説しました。まとめると以下の通りです。

  • 初心者レベル 300万~450万
  • インフラエンジニア 400万~700万
  • クラウドエンジニア 500万~
  • フルスタックエンジニア 600万~

これからLinuxを勉強する人は参考にしてください。

当ブログでは、このようなITに関する記事を発信しているので興味のある方は、引き続きご覧ください。

About me
大手メーカのIT部門→上場ベンチャーでフルスタックエンジニアやってます。エンジニア歴は8年目。 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、クラウドについて投稿します。 AI、ARも勉強中です! youtubeでも技術ネタを発信していきます。↓のアイコンよりご覧ください!

UdemyでIT講座をチェック!

  • セールだと1500円前後!
  • 無料サンプル講義動画・無料講義動画あり!
  • 気に入らなければ30日間返金保証!