ネットワーク

PacketTracerでポートを指定して配線する方法を解説

こんにちは、フルスタックエンジニアのryuです。

今回の記事は、PacketTracerでポートを指定して配線する方法を解説します。PacketTracerで配線をすると、ポートの指定ができず困ったことはありませんか?スイッチのGi0/3に接続したいのに、どうやってポートを指定して配線すればいいのか分からない。そのような方のためにポートを指定して配線する方法を解説します。

関連【おすすめ】コマンドを打ちながらLinuxが学べるサイトInfraAcademy

サーバー構築を実践で身につけるInfraAcademy

※本ページには、プロモーション・アフィリエイトリンクが含まれています

PacketTracerでポートを指定して配線する方法を解説

配線すると順にポートが割り振られる

PacketTracerで配線をすると、順にポートが割り当てられます。

例えば、fa0/8に接続したい場合はどのようにしたらいいでしょうか?

ポートを指定して配線する場合は、リンクの部分をクリックして再配線します。

ポートを指定して配線する方法

ポートを指定する場合は、まず配線をした状態で、リンクの部分をクリックします。

リンクをクリックすると、配線が外れるので、もう一度機器をクリックします。

その後、配線するポートを選択することができます。

動画でやり方を見る

動画でポートを指定して配線する場面を収録したので、上記の説明でわかりづらい方はこちらをご覧ください。

以上で、PacketTracerでポートを指定して配線する方法を解説を終わります!

ABOUT ME
ryu
大手メーカのIT部門→上場ベンチャーでフルスタックエンジニアやってます。エンジニア歴は8年目。 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、クラウドについて投稿します。 AI、ARも勉強中です! youtubeでも技術ネタを発信していきます。↓のアイコンよりご覧ください!
RELATED POST